プリ小説

第42話

同情 ……??
浅谷
恒樹 !!
恒樹
兄貴 …
おめでとう 。
浅谷
気持ちくらい…伝えたら ……???
恒樹
無駄なことで …
勉強時間さきたくないから 。
浅谷
そっか ……。
恒樹
だし、
兄貴のものになった人に …
気持ち伝えるとかバカかよ、(笑)
浅谷
そんなにちっちぇ…恋なら 、
友達に当たったりすんな !!
恒樹
当たってねーし 、
浅谷
東馬が謝ってきたぞ ???
恒樹
は ??
東馬が …???
浅谷
恒樹に言い過ぎたごめん、
て、、
お前も何か東馬に伝えること …
ないのか ???
恒樹
…。
浅谷
東馬さ、
田舎帰るんだってさ …。
恒樹
え ??
浅谷
伝えておかないと …
損するぞ 〰️??
恒樹
分かった。
行ってくるし 、
浅谷
行ってこい !!!
恒樹
よし、行ったな。
あなた

あんな嘘 …
良いんですか 〰️??

浅谷
恒樹はそのくらいしなきゃな !!
あなた

流石、先輩 !!
分かってますね 💦

浅谷
当たり前だし、(笑)
あなた

恒樹には 、
私からも明日の放課後 …
話しておきます 。

浅谷
え ???
あなた

なんか変な同情になるかもだけど 、
恒樹の気持ちは最初から …
知ってましたから 。

浅谷
そっか 、
サンキューな ✨😁

その頃 !!

恒樹
東馬 …!!
恒樹
東馬 …!!
恒樹
おい !
東馬
あ、恒樹 。
恒樹
お前…。
東馬
いきなりなんだよ 。
お前のせいで…とか言うんだろ ?
恒樹
田舎に帰るんだろ ??
東馬
うん 。
東馬
卒業したらな (笑)
恒樹
そ、え、え、
恒樹
卒業 ??
東馬
そうだけど ??
恒樹
今すぐじゃねーの ??
東馬
そんな、
早く行ってほしかったのかよ。
ごめんな 、
恒樹
いや、、
俺こそごめん 。
東馬
俺にだけでも素直になって。
恒樹
え ??
東馬
あなたのこと …
好きだっただろ ??
恒樹
……。
東馬
強がんなよ!
恒樹
そう、
好きだったていうーか、
今も好き。
東馬
そっか。
それ聞けて安心した。
じゃあな !!
恒樹
え、あ、お、おう ……。


朝から声が響く今日 … 。


なんか寂しげな放課後の教室 。

味気ない気持ちの彼を …


私は …

今伝えないといけないのに …



どうしたら良いのか …








頭の中でサイクルしてる …。


恒樹
あなた …
あなた

あ、恒樹 !!

恒樹
彼氏待ってるのかよ 、
あなた

いや、
今日は恒樹待ってた !!

恒樹
え ???
俺 … ???
あなた

伝えたいことがある …。

恒樹
分かった。
あなた

あのさ 、
恒樹の気持ち …
気づいてた 。

恒樹
俺の…気持ち …。
あなた

恒樹はさ、
彼女居たときあったじゃん ??
彼女が居るって聞いて
落ち込んでるときに …
浅谷先輩が声かけてくれてさ …。

あなた

だから 、
体操が初めてあった場所では
なかった 。

恒樹
そう…なんだ 。
あなた

恒樹は私の憧れだよ ✨
それは変わらない …。

恒樹
本当に …???
恒樹
信じて良いのか ??
恒樹
このままで良いのか …???
あなた

うん !!

恒樹
俺も、
あなたのこと好きだったよ。
あなた

過去形かよ、
寂しいな …(笑)

恒樹
今は前に進みたい。
あなた

私もそれが良いと思う。

恒樹
彼氏いるじゃん 、
あなた

でも、浅谷先輩忙しいからな (笑)

恒樹
おいおい (笑)
あなた

前向いていこ。

恒樹
おう。









































これが彼女とかわした最後の言葉 …

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

星姫…🌷.*
星姫…🌷.*
吹奏楽部 . flute. piccolo。 パステル. candy 大好き ❣️ ナッツちゃん . ゆあちゃん🌷.* のイラスト大好き、💕💕