プリ小説

第5話

波乱 😢💦
あなた

あ … 、
思い出されるって言ったって …。
私と大揮の関係は…
秘密にしておかなきゃならないよね。


あ、やべ。
聞いちゃった …。

大揮
はぁ…、
て何これ交換日記 …。

名前 🌱

・あなた ✨

・大揮 ✨

はじまり ⏩ 小学3年生から ~
大揮
なにそれ …。
俺とあなたは小3から
友達だったんだな …。
誰にも言えない秘密 コーナー 🙈

大揮 ⏩ 好きな人がいる。

あなた⏩ 大揮のことが気になる。
大揮
これ、なんかのヒントになるかも。

するとあなたが降りてきた。
あなた

あ、まだ起きてたんだ。

大揮
なんか…寝れなくて。
あなた

そこら辺にノートなかった ??

大揮
ノート ??
あなた

交換日記 !!

あなた

あ、あった!!
いつ見ても懐かしいな-✨

大揮
なにそれ !!
何が書かれてるんだ?
あなた

これは、初恋の人との交換日記!!
懐かしいな ~✨
いつもこれ見て元気だしてたの。
好きだったな …。

大揮
そうなんだ。
俺にも見して ??
あなた

それは…ダメ。

大揮
なんで ??
あなた

初恋の人…バレるから。

大揮
そっか 。
あなた

でも…、いつかは見してあげる。

大揮
優しんだな …。
あなた

え ??

大揮
いつも無理ばかりしてるくせに
泣かねーし。
誰にでも優しいし。
あなた

そんなことばかりじゃないよ ??
そりゃ…イラつくことだってあるし、
頭の中で変なこと考えてるときも
あるから。

大揮
そっか。
あなた

うん。
あ…寒くなってきた。(笑)

大揮
こい!
あなた

え ??

大揮
抱き締めてやるから。
あなた

何言ってるか分かってる?

大揮
バカじゃないから。
あなた

そっか …。


すると…大揮は。
急に抱きついてきた。

大揮
バカ …
遅い …。
あなた

大揮よりはバカじゃない。

大揮
そこはツッコむな !!
あなた

もぉ…ダメだよ。

大揮
なんで …?
あなた

李里が大揮のこと好きなのに…
私達がこんなことしてたら…
落ち込んじゃう。

大揮
良いじゃん。
俺がしたいと思ったから。
あなた

バカ …//

大揮
わ、照れんの ??
あなた

は …??//

大揮
顔真っ赤じゃん。
あなた

トマトの真似してんの。
照れてない。

大揮
素直じゃねーな。
あなた

そんな大揮だって …。

大揮
は ??
見んじゃねーよ //
あなた

わ、可愛い (笑)

大揮
やめろ (笑)
あなた

あのさ、
質問しても良い?

大揮
うん
あなた

お見舞いにきてくれた
女の子のこと好きだった ??

大揮
おう。
大好きだった。
あなた

そっか。
ありがと (笑)

大揮
なんで ??
あなた

その子に伝えてあげる。

大揮
マジで ??
あなた

うん。

大揮
サンキューな (笑)

見たことない笑顔。

私も…その子みたいになりたい。

あなた

寝るね。

大揮
うん。

tomorrow 🌥️

李里
おはよ -💓
あなた

おはよ !!

大揮
おう。
愧流
あれ、大揮。
クマできてんじゃん。
大揮
昨日眠れなかったからな。
李里
え ??
なんかあったの ??💓
愧流
隠すなよ。
俺ら誰にも言わねーから。
大揮
あなたの家に泊まった。
李里
なんで。
あなた

私が…悪いの。

大揮
違う。
理由があってな…
李里
は ??
理由って何。
愧流
李里…そんなにキレるな。
李里
そんなことして…
私達の友情が今のままって
できるわけないじゃん。
あなたもあなたじゃん。
大揮に頼ってなかったら…
こんなことになってないじゃん !!!
あなた

ごめん …。

李里
は ??
そんなことで許されると
思ってんの?
愧流
おい、李里。
李里
後で屋上に呼び出しね?
あなた

分かった。
ごめん…コンビニ行ってくる。

大揮
なら、俺も行く。
李里
は ??
今の状況分かって言ってる ??
愧流
大揮 !!!
大揮
命に関わることなんだ。
だから、行かない選択肢はない。
李里
は ??
命に関わるって何 ??
愧流
もしかして …
大揮
そそ。
リストカット …!!
愧流
マジか。
あなた

大揮 …。
最後に言っとく。
私達ね…幼なじみだよ。
大好きだったよ。
付き合ってたよ。

大揮
え…。
それより!!!
屋上から飛び降りるのは…
あなた

中学のとき…
私をいじめてきたのはね…
李里なんだよ。
気づかなかったでしょ。

大揮
うん。
あなた

これで楽になれる。
またね!


15分後 …

あなたは救急車に運ばれた。
大揮
あなたの腕の傷。
リストカットだったらしいよ。
昨日…本人から聞いた。
愧流
でも俺には…いじめられての傷。
って…
幸樹
愧流のために嘘ついたんだって。
愧流
先輩 …
幸樹
あなたが言ってた。
謝ってたよ。涙こぼして …。
ソロコンの約束も話すのが怖くて
その日から習いに行ってたんだって。
でも…愧流に嘘つきたくないから
話したって言ってたよ。
愧流
本当ですか ??
幸樹
そそ。
そしたら用事思い出したって言って
家に帰ったよ。
大揮
それって…おとといですか ??
幸樹
そうだよ。
愧流
あなた …
幸樹
そういえばあなたをいじめてた
もう1人の子は?
大揮
知ってたんですか?
幸樹
そりゃ…同じ中学だったし。
それを助けたのは俺だし。
愧流
そうなんですか。
大揮
カッコいいですね。
幸樹
トイレで水かけられたり…
屋上で何度も殴られたり…
蹴られたり …。
カッターで腕を傷つけられたり。
愧流
え …
幸樹
俺が知った頃には
ボロボロだった。
それから…リストカットをはじめた。
大揮
なぜ …、
幸樹
初恋の人に会えないストレスと
いじめてる子に対して反発できない
悔しさで自分の体を
自ら傷つけるようになった。
今でもしてるのは驚いたけどな。
愧流
そうなんですか 。
幸樹
でも、腕の傷は消えてないんだな。
幸樹
そりゃ…。
消えないよな。
心の傷の痛みと同じように。
大揮
え?
幸樹
虐待を受けていたんだ。
家では虐待。
学校ではいじめ。
腕の傷は虐待の印だ。
大揮
そんな …
愧流
あなた…。
医師
おぉ、居た。
あなたさんは、今…
記憶喪失になっておる。
強度じゃ。
性格まで…
異変が起きてる可能性がある。
わかりました。
あなたのところ…行ってあげて。
愧流
あなた !!
あなた

貴方達…誰ですか。

大揮
俺は大揮って言うんだ。
あなた

大揮 …

大揮
君と同じ学校で…
サッカー部に入ってるよ。
あなた

別に聞いてないし。

性格…変わってる。
あなた

ま、良いけど。
これが私だから。
他と比べられたら困るんだが…
特に性格!

大揮
そんなことしないから。
信じて ??
あなた

うん。

愧流
俺は愧流。
あなた

愧流 …
かっこいい名前だね (笑)

愧流
ありがと/
幸樹
俺は幸樹。
吹奏楽の先輩だよ!
あなた

わかりました。

大揮
明日…学校これる ??
あなた

場所が …

大揮
俺が向かいにきてやるよ!








































俺の背中をずっと見とけば良い。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

星姫…🌷.*
星姫…🌷.*
吹奏楽部 . flute. piccolo。 パステル. candy 大好き ❣️ ナッツちゃん . ゆあちゃん🌷.* のイラスト大好き、💕💕