無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

16
2020/09/06

第12話

12
~彼side

彼
居たっっ


彼女が使った

・・・・運命。

こちらに廻ってる。

間違いない。




姿が違っていてもわかる

彼女だ。



颯爽と歩く彼女がキラキラして見える。


僕の特別。


彼
まってっっ




コンサートまで後数時間。

逃したりしない、このチャンス。必ず捕まえて僕に運命を繋げる!