無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

17
2020/09/11

第14話

Been so long
ネムっっ

若い頃は(いくつだ!)ライブって楽しかった。

でも社会に出て
この街が嫌いで
嫌気一杯で
ほんの少しの気分転換も
結局少し仕事。

流れに疲れるとキラキラしたものが苦手になった。


若い子がキラキラしてるのも

楽しそうな大人も

苦手。


Edenは

別世界を作れる仕事。
自分と客の間には見えない境界線がはっきりと張られてる。


だから


どんな客でもお相手出来た。
まさかそれが逆に人気になるなんて。


ため息しかでなかった。


しかも交換した相手は超有名人。世界をまたにかけるアイドルだなんて。


you
来るはずないや。
時計が真夜中を指そうとする頃


✨✨✨✨

snsが光った。


ー 遅くなりました。
起きてますか?
少しお話し出来ますか?
you
っっ。
マジ来た。
ー 字なら。 


ー 良かった。
それでも嬉しいです。
さっきはごめんなさい。
大丈夫でしたか?


you
んー何にだろ?😓


早い返事に驚く。しかも日本語だ。


ー  大丈夫ですよ。
コンサートお疲れ様です。



ー ありがとうございます。
優しいですね。
IDの名前で合ってます?
んーとyou?
you
しまった。


ー はい。そうです。
you
はあ~。
やっちまった感満載。
無作為にしときゃよかった。


ーyou?
明日休みって
言ってましたよね。



ー  あー。はい


ー  少しだけ私のわがままに
付き合って貰いませんか?


ご飯に。