無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

17
2020/09/15

第21話

Adam's apple
記憶喪失のあの日

思い出すこともなかった。

ただ、ピースのかけたパズルはどこかの感情すら消えているようだった。


仕事につく
部長
最近前に増して仕事がきっちり出来るようになったなぁ


ある種の嫌みも含みながら部長の表情は満足げだ。

定時を示すチャイムにさっと荷物を持ちタイムカードを打つ


you
これで失礼します。
眼鏡をかけた姿の私のまま会社を去る。


私はあのあとから副業も辞めた。

静かで単調のルーティンを繰り返すようになった。


モブのように感情が産まれない。


嫌気をさしていた街に何も感情を抱かず黙々日々を送れるようになった。
部長
来月からこの会社でドラマの撮影が入る。
少し賑やかになるが通常通りの業務で
時間が定時を示す



you
これで失礼します。
私には関係ない。
静かな日々が私を動かすだけだ。