無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

23
2020/09/03

第6話

6
いつもより早く閉めた店内で私は一人飲んでいた。



you
なんなんだろ。
いつもより一時間以上早く閉めた店内で私は謎の感情の処理にジンをロックで飲んでいた。


ショットグラスが今日はいつもより重い。



採算ど返しのこの店にして一時間以上早く閉めては本日の売り上げは高くはない。



you
こんな日に限ってオーナー不在なんて・・・。


いくつかのオーナーの許可をフルに使ってしまった。


しかも研究ではなくただの飲酒だ。

you
はあ。



明日は朝から仕事だ。



気晴らしでしているこの仕事場でウダウダはしてられない。


何時もの閉店まで飲んでいくと店に鍵をかけた。