無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

21
2020/09/05

第10話

loop・loop・loop
あなた

はぁ



環状線を何度目かを迎える。


怠さを帯びた感情は何かが刺さったかのようで


無駄に感傷的にもなる。




この感情を無視することも出来る。・・・はず。


気づいたら戻れない。


あなた

だからありえないって。




完全に昨日を引きずっている。



運命を



感じる瞬間まで



あとわずか




私は近くの駅で下車することにした。

気づかなければ過ぎてしまったのに。