無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2020/09/05

第11話

11
〰️彼side

会場から一駅離れた公園


会場から少し離れた公園




彼
はあっはあっ



いつものランニングをしている。


会場から一駅先といった感じ。


緑が多いと落ち着く。


なんキロか走った先に見覚えがある女性がいる。


・・・・あれ!?


彼女だ。、昨日とも違うがよくわかる面立ちについつい足が止まる。


彼
見つけたっっ
ランニングをしていたのも忘れるくらい彼女に向かっていった。