無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

story3
【小6 三学期】

    ~優人とのメールでのやりとり~
あなた

ねーねー

優人
優人
なに?
あなた

明日の休み遊べる?

優人
優人
別にいいけど
優人
優人
集合は?
あなた

一時に、いつもの駄菓子屋で

優人
優人
了解
あなた

じゃあおやすみー
また明日~

優人
優人
おやすみー
あなた

(明日楽しみだな~)

ちなみに()のなかは心のなかで思ったこと
   ~次の日(待ち合わせ場所の駄菓子屋)~
あなた

お待たせ~

優人
優人
遅いわw
あなた

ゴメンゴメン!
財布を探しておりました(笑)

優人
優人
そうなのね(笑)
優人
優人
で、どうすんの?
あなた

とりあえずいつも通りお菓子を買おうじゃないか

優人
優人
了解
                  ~お店の中~
駄菓子屋のおいやん
駄菓子屋のおいやん
お、いらっしゃい
あなた

こんにちはー

優人
優人
こんにちは
駄菓子屋のおいやん
駄菓子屋のおいやん
また二人で遊びよんか?
あなた

そうですー

駄菓子屋のおいやん
駄菓子屋のおいやん
仲がいいなぁ
優人
優人
よく言われます
駄菓子屋のおいやん
駄菓子屋のおいやん
まあ、ゆっくりしていきな
あなた

はーい

あなた

で、優人は、なに買うの?

優人
優人
俺はいつもと一緒で飴と当たり付きのラムネとかー
優人
優人
そっちは
あなた

私はー棒に刺さっとるチョコのマシュマロと飴ー

優人
優人
じゃあ俺もマシュマロ買うわ
あなた

じゃあ決定で~

お金を払い
あなた

あ、おいやんーマシュマロ焼いていい~?

駄菓子屋のおいやん
駄菓子屋のおいやん
どーぞ
優人
優人
俺も
はいはい
あなた

よっしゃー

あなた

マシュマロ焼いたらめっちゃおいしんよねー

優人
優人
確かにー
マシュマロを焼き
あなた

やっぱ、めっちゃおいしいわ!

優人
優人
うんーおいしい
そのあとも、体育館に卓球をしに行ったり、公園に行ったりしてあっという間に時間が過ぎ
もう少しで門限の時間
あなた

今日は楽しかった~‼️

優人
優人
俺も
あなた

また遊ぼうや?
中学生になったら遊ぶ時間なくなるしー

優人
優人
あのさ、今言うことじゃないかもしれんのやけど
優人
優人
言わないかんことがあるんじゃけど、

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

K
K
話の意味がわからなかったりしたらすいません! ジャニオタですー笑 あと、関西弁はエセです たまにはいっている伊予弁はガチのヤツですw
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る