無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

story21
〜手紙〜
優人へ

お久しぶりです。
元気ですか?私は元気です。

この手紙を読んでるってことは私の家に来たってことでいいのかな?

まず、ひとつ言わせて?
ごめんね。

こんな大事なこと本当は優人に手紙を書くんじゃなくて、ちゃんと伝えないといけなかったね

でも、迷惑かけると思ったから、手紙を書いて静かに東京の大学に行くことにした。

でも、優人からしたらこれが余計迷惑だったかもしれない。

でも前に優人が福島に引っ越した時に、私はすごく悲しかった。
だから私の家に来るまでは、悲しい思いをさせたくなかったから手紙にした。
悲しい思いをしなかったらごめん

私だってこんな大事なことちゃんと自分の口から伝えたかったけど、言えなかった。ごめん

あと、完全に優人のことを忘れたかった。
優人には好きな人がいた子もしれないし、自分でずっと片想いのまま引きづっていても何も起きないから
私が優人のことを好きだったという気持ちだけは伝えておいて、環境が変わると同時にこの片想いとはキッパリおさらばしようと思って直接言わずに手紙にした。
だって直接言うと忘れられなくなると思ったから……

それだけは知っておいて、

自分勝手でごめんね。

文章まとまってなくてごめん

みんなには大学に言ったって伝えておいて

優人元気でね

さよなら

あなたより

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

K
K
話の意味がわからなかったりしたらすいません! ジャニオタですー笑 あと、関西弁はエセです たまにはいっている伊予弁はガチのヤツですw
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る