無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

story2
私には、小学生の頃から仲が良かった男子がいる。

名前は「優人」
よく、休みの日とかは遊んでた。
駄菓子屋に行ったり、公園に行ったり、
優人の家で遊んだり、
色々なとこに行って遊んでた、

最初は普通に友達ってだけで恋愛とかの目では見てなかったし、好きといっても、「友達として『好き』」だったし



でも、ずっと一緒に遊んだり、学校で生活しているうちに、
いつの間にか
 友達としてじゃなくて、恋の方で
「好き」になってた、
でも今のようにずっと一緒に遊んだりできる訳じゃなかった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

K
K
話の意味がわからなかったりしたらすいません! ジャニオタですー笑 あと、関西弁はエセです たまにはいっている伊予弁はガチのヤツですw
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る