前の話
一覧へ
次の話

第11話

10
1,221
2023/08/27 04:20
【あなた side】

天枷 あなた
ん?なんか違う方来てる?これ
天枷 あなた
また迷った………




手元のマップアプリを開きながら、スマホをぐるぐると回して位置を確認する。



気づけば目的地とは真逆の方向へ来ていたようだった。



いやなんで??自分でも何で迷ってんのか分からん。




今日の任務内容はとある廃ビルの調査。



宿儺の指の気配がする、と通りがかりの等級の低い呪術師から連絡を受け、私が駆り出された。




天枷 あなた
あっちか…多分
???
どうかされました?
天枷 あなた
っわ!びっくりした…




突然話しかけられて振り向くと、茶髪にメガネをかけた糸目の男性がすぐ側に立っていた。



???
すみません、驚かせてしまいましたか?
天枷 あなた
あーいえ、大丈夫ですよ
???
道に迷っているように見えたので…
沖矢 昴
あ、私は沖矢昴と申します
天枷 あなた
沖矢さん…
天枷 あなた
……私達、会ったことあります??
沖矢 昴
………いえ、そのような覚えはありませんが
沖矢 昴
何故そう思われたんですか?
天枷 あなた
いや、人違いです。多分




この人の雰囲気というか、気配というか……



なんだろう、なんか一度会ったことあるような既視感があるんだけどなぁ……



天枷 あなた
あ、私は天枷あなたです
天枷 あなた
あなたで大丈夫ですよ!
沖矢 昴
あなたさんはどこへ向かうつもりで?
天枷 あなた
えーっと、ここです




目的の廃ビルが映った写真を見せる。



沖矢 昴
ここは……
沖矢 昴
数ヶ月前に爆破テロが起こったビルですよね
沖矢 昴
何故ここに?
天枷 あなた
あーまぁ、色々…?
沖矢 昴
………

天枷 あなた
(いやいや怪しまれてない??)
天枷 あなた
(確かに変な人だもんね!!テロがあった廃ビルに行きたいとか!!)
天枷 あなた
(最近このパターン多いな……)

沖矢 昴
よければここまで案内しますよ
天枷 あなた
え??いやいや、大丈夫ですよ!
天枷 あなた
流石にそれは悪いですし…
沖矢 昴
貴方は随分方向音痴なようですし、また迷ったら元も子もないでしょう?
天枷 あなた
うっ…返す言葉もありません…
天枷 あなた
じゃあ、お願いしてもいいですかね?
沖矢 昴
はい。行きましょう




沖矢 昴
ところであなたさん、ご職業は?
天枷 あなた
あー、学生ですよ
天枷 あなた
仕事も一応ありますけど…あんまり口外に言える仕事では無いんですよね。
沖矢 昴
なるほど
沖矢 昴
それにしても、その服装だと随分暑そうですが
沖矢 昴
大丈夫なんですか?
天枷 あなた
あーまあ、だいぶ暑いですね!
天枷 あなた
でもこれ一応学校の制服でして、普段は着替えないんですよ。
沖矢 昴
学校がない日も着てらっしゃるんですか
天枷 あなた
そゆことです!まぁ校則的にそんな感じなので!
沖矢 昴
学校…どちらの学校へ?
天枷 あなた
私立の宗教系高校ですよ
天枷 あなた
特殊な学校なので、あまり詳しいことは話してはいけない校則なんです。




この人………



めちゃくちゃ探ってきてるよね!!?!?



え、初対面だよね??そんなに私怪しいかな………



黒ずくめの長袖長ズボンで、仕事学校共に詳細不明で、何故か廃ビルに向かう女………



いや怪しいな!!!そんな奴いたら私でも怪しむわ!!




天枷 あなた
まぁでも、一応夏服らしく通気性とかは良いですよ!あんま感じないですけど。
沖矢 昴
そうなんですね
沖矢 昴
……あ、着きました。ここです




見上げれば、随分と高いオンボロなビルが建っていた。



爆発テロの影響なのか、一番上の天井部分は半壊しているし、入口付近には黄色いテープが張られている。




呪いの気配は……まぁする。



けど宿儺の指の気配はしない。なんだろうか、普通じゃない気配はするんだけど……




天枷 あなた
…入るか
沖矢 昴
…待ってください。ここは立ち入り禁止ですよ
天枷 あなた
ちょっと中見てくるだけなんで大丈夫ですよ!それに、貴方が黙っててくれればバレません!
沖矢 昴
そこまでしても中に入りたい理由があるのですか?
沖矢 昴
ここのビルは爆発の影響で中は崩れやすくなっていますし、何かの拍子に倒壊する可能性も大いにありますよ。
天枷 あなた
私以外と運動神経いいんで大丈夫です!
沖矢 昴
いえ、そういう問題じゃ、




この人やけに食い下がってくるな……



ただ、この人に折れてここで私が引き返したら周りに被害が出る可能性がある。



実際、この中に感じる呪霊の気配は普通じゃない。



ここまで案内してもらったけど、やっぱ断るべきだったか…



???
ギャアアアア!!!!
天枷 あなた
!?
沖矢 昴
!?
天枷 あなた
(悲鳴!?人…にしては声質がおかしい。呪霊!?)
天枷 あなた
(ダメだ、こんなとこで足止め食らってる場合じゃない!!)
天枷 あなた
チッ、





昴さんの意識が先の悲鳴に取られたことで出来た隙をつき、黄色いテープを飛び越えた。



プリ小説オーディオドラマ