無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

松コンビ
「みなさぁーんこんにちは^^*」    



「松浦あなたですっ!」



奏「松井奏です!」




「なんか念願なんだけどさ、(笑)」



「松コンビが、同じ画面にいるよ?みんなぁ?」



「うちらで松松コンビ結成するかぁ〜」



奏「ねぇ〜TravisJapanさんにいるから!」




「でもうちらも松松だよ?」




奏「うちらは松コンビでいいの!」



「(^∇^)アハハハハ!」



奏「2人のエピソードでも話しとく?」




「あっ、いいよぉ(笑)」



奏「なんかある?」




「やっぱり、ツンデレなとこです!」




「今ちょっとあたり強そうですけども、」




「2人きりん時とかめっちゃ甘えてくるんで」



「犬です!犬!」




奏「はずいけど、あなたもあるよ!」



奏「あなたは、甘える時くん付するんですよ?」


奏「奏クン、奏クン って」


奏「甘える時は僕の傍からはなれてくれません!」



「だって、甘えたいじゃん?」



「奏と1番歴も年齢も一緒なんで」



「年は新も変わんないですけど」



「てか、うんめいじゃない?」



「1日違いだよ?」



奏「1番下だもんな(笑)」



「いいもん!その分いっぱい甘えてやるんで!」



「なんとなくだけど、奏といる時間が1番好きです」


「落ち着くし、気使わなくていいんで(笑)」



奏「あなたずっと喋るじゃん。」



奏「終わんなさそうなんで、バイバイ!」







-----------------



NEXT