無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

245
2021/07/23

第6話

お迎え(5話)
主人公
(……まだかな。)
その時、黒い馬車が目の前に止まった。
主人公
っ、
余りに唐突すぎて驚いてしまった。
主人公
…これに乗るのか…?
そう言って俺は黒い馬車へと乗り、棺桶に入れさせられる
ゴトゴト
主人公
(意外と快適…)
眠ってしまいそうになった。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

ガタガタガタガタ
主人公
……あ
寝てた。普通に
主人公
着いた……のか…?
??
??
起きて下さい。着きましたよ。
棺桶の外から声が聞こえた

ガタッ

そう聞こえたと思ったら棺桶の蓋が開いた
??
??
こんにちは。
??
??
ディテクト・あなたさん。
主人公
は、はい
クロウリー
クロウリー
こんにちは!私はディア・クロウリーと申します
ここの学園長です!!
主人公
…こんにちは
(この人朝テレビに出てた人じゃん)
クロウリー
クロウリー
では学園の案内をします。さ、着いてきてください
主人公
分かりました


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

一通り学園を回り終わった頃、
クロウリー
クロウリー
これで一通り回り終わったと思うのですが…
…私としたことが、大事な事を忘れていました
主人公
どうなさったんですか?
クロウリー
クロウリー
鏡の間という所に行くはずだったのですがすっかりと忘れてしまいました。
私とした事が…
主人公
鏡の間…?
クロウリー
クロウリー
ええ。
そこで故郷に帰ったり寮決めするのですが…
丁度いいですし寮もきめちゃいましょう!
主人公
そうですか。
クロウリー
クロウリー
はい。では引き続き私に着いてきてくださいね
主人公
はい。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

しばらく歩いていたらその鏡の間であろう所にたどり着いた
クロウリー
クロウリー
ここです!
主人公
懐かしい…
クロウリー
クロウリー
なんか言いました?
主人公
え、いや何も、
何故かここに懐かしさを感じた。

理由など分からないけれど
主人公
……
クロウリー
クロウリー
さぁ、鏡の前へ
闇の鏡の間
闇の鏡の間
汝の名を告げよ
主人公
ディテクト・あなたです。
闇の鏡の間
闇の鏡の間
何時の魂の形は……
闇の鏡の間
闇の鏡の間
……見えぬ。
クロウリー
クロウリー
見えない?どうゆう事ですか?
闇の鏡の間
闇の鏡の間
何も見えない。
闇の鏡の間
闇の鏡の間
よって、ふさわしい寮が見えぬ。
クロウリー
クロウリー
これはなんてことだ
では昨日来た魔法の使えない人間と同じ寮と言う事ですか……
主人公
…?
クロウリー
クロウリー
ゴホン、失礼では寮決めも終わったことですし早速新たな寮へ移ってもらいます。
主人公
でも俺の魂では分からないのではないですか?
クロウリー
クロウリー
いえ!大丈夫です!
クロウリー
クロウリー
貴方と似たような人が昨日来ましたから!
主人公
…そうなんですね。
主人公
(俺と似た人?どうゆう人なんだろ)
そんな疑問を持ちつつ、何も分からないままその『寮』とやらに案内をされた
--------キリトリ線--------

俺(主)
俺(主)
こんちくわ。
主人公
出だしからしょーもな
俺(主)
俺(主)
うっせ
主人公
で?どうしたの。
俺(主)
俺(主)
こんな話数の少ない話を見てくれてとっても嬉しい
主人公
そんだけ?
俺(主)
俺(主)
うん
主人公
そ。
俺(主)
俺(主)
じゃ引き続きよろしくでーす