無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

208
2021/07/23

第9話

……(タイトル思いつかない←)(7話)
やっと座れるようになった(学校探検位から座ってない)
主人公
ふぅ……
監督生(ゆう)
あ、疲れましたよね。今飲み物持ってきます!
主人公
……(ここって冷蔵使えてんのかな←失礼)
監督生(ゆう)
持ってきました!
グリム
グリム
俺様にもくれなんだゾ!!
監督生(ゆう)
はいはい。
ちゃんとあるよ。
グリム
グリム
やったー!なんだゾ!
主人公
いただきます。

ゴクッと一口だけ出された飲み物を飲む
主人公
(この味だと紅茶かな。)
監督生(ゆう)
あっ、言うの遅いけど紅茶って大丈夫ですよね?!?!
主人公
あ、まぁ、
監督生(ゆう)
はぁ、良かった…
主人公
(この人ぬけてるな)
グリム
グリム
ゴクゴク
グリム
グリム
プハー!たまに飲む紅茶も悪くないんだゾ
監督生(ゆう)
なら良かった!


仲睦ましいなかむつま2人を見ていると少しほっとする。

主人公
……
監督生(ゆう)
あ、えっと、なんか質問とか…ありますか?
主人公
え?あ、特にないです
監督生(ゆう)
そうですか!では僕から質問いいですか?
主人公
はい
監督生(ゆう)
あの、、、闇の鏡になんて言われました?
主人公
あの鏡に顔が着いてる?
監督生(ゆう)
はい!そうです!
主人公
確か、
「見えぬ」って言われてここに来ました。
監督生(ゆう)
少し僕と似てますね
監督生(ゆう)
僕は「無い」ですから、

少しばかり照れくさそうに言った。
監督生(ゆう)
「見えない」「ない」……
グリム
グリム
俺様の理由はこいつの世話をしなくちゃいけないから仕方なくこっちに来てやったんだゾ!
監督生(ゆう)
わっ、びっくりした!
急に話に入ってこられるとびっくりするよw
そんな平和な会話をして、一日を過ごした


✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
俺(主)
俺(主)
少し短いか?まぁいいや(良くない)
俺(主)
俺(主)
今回も見てくれた方有難うございます!
俺(主)
俺(主)
ではまた次回!!
俺(主)
俺(主)
ばいばーい!!