無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

転校生
月波 秀
月波 秀
     ツキナミ シュウ
俺の名前は月波 秀。
バリバリの中学生だっ!!
去年中学生になった俺は、部活は充実し友達もできて最っ高な毎日をおくっている!
ま、まぁ勉強とかテストとかそういうのを除いてだけどな...
モブ
モブ
お前、誰と話してんだよwww 
チャイムなるから早く席つけよwww
月波 秀
月波 秀
え、マジ?
おけ~
キーンコーンカーンコーン...
先生
先生
皆ー席ついたかー?
皆には朝学活の前にお知らせがある。
モブ
モブ
お知らせってなんだぁ?
秀、お前なんだか知ってる?
月波 秀
月波 秀
俺が知るかよ。
あー寝たいわぁ~昨日夜中までゲームやりこんだからな(ボソッ
お知らせか...
早く部活になんねぇかな...
モブ
モブ
www 
先生
先生
静かに。
そのお知らせとはな...
先生
先生
転校生が来たんだ!
ザワ        ザワ
     ザワ        ザワ
        ザワ
ザワ            ザワ...


モブ
モブ
転校生かぁ~楽しみだな!
転校生...ね...
月波 秀
月波 秀
あ、うん。
そうだな
先生
先生
麗さん、入ってきて~
ガラガラガラ
暁 麗
暁 麗
こんにちは。
アカツキ レイ
暁  麗と申します。
好きな食べ物は...トマト、
好きな色...は赤、ですかね。
よろしくお願いいたします。
クラス全体
よろしく~!
先生
先生
よし、紹介も終わったし、咳は~...
月波の隣でいいか。
月波 秀
月波 秀
俺っ!?
先生
先生
あぁ、そうだ。
隣の席空いてるだろ?
月波 秀
月波 秀
あ、はい...
一人の席大分楽だったんだけどな...
暁 麗
暁 麗
とことこ
彼女が近づいてくる。
暁 麗
暁 麗
すとん(席に座る)
月波 秀
月波 秀
わぁ(ボソッ
遠くからでも思ったが、暁さん...すごく綺麗だな...
まるで人間じゃないみたいだ...
暁 麗
暁 麗
どうしましたか?
月波 秀
月波 秀
わぁっ!
ぼけっとそんなことを考えていると彼女がこちらを向いていた。
月波 秀
月波 秀
あっ、や、なんでもないです...
あ、俺...月波 秀と言います。
暁 麗
暁 麗
月波さんですね。
私は先程前でも話した通りですが、暁 麗と申します。
よろしくお願いしますね(*´▽`*)ニコッ
月波 秀
月波 秀
っ!
先生
先生
さー、朝学活始めるぞ~
先生のその一言とともに俺達の会話は終わった。