無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話 知り合い?
甘色 想愛
甘色 想愛
はぁはぁ…。
良かった…間に合った…!
息を切らしながらカフェの前で立ち止まる
白崎 琥珀
白崎 琥珀
お前…いつから…足早くなったんだよ…。
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
いやぁ、追いつくの大変だったよ…。
甘色 想愛
甘色 想愛
(´>∀<`)ゝ))エヘヘ
ごめんごめん…w
晴風 桜雨
晴風 桜雨
でも、間に合って良かったね(´∀`*)
白石 杏
白石 杏
おーい!想愛!
甘色 想愛
甘色 想愛
え?
あ、杏!?
どうしてここに!?
白石 杏
白石 杏
走ってくの見かけたから、追いかけて来ただけだよ(ニコッ

あ、こはね〜!
こっちは追い付いたよ〜!
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
はぁはぁ…や、やっと追い付いた…!
東雲 彰人
東雲 彰人
お前、もう少し加減しろよ…!
冬弥、大丈夫か?
青柳 冬弥
青柳 冬弥
俺は大丈夫だが…、彰人の方こそ大丈夫か?
晴風 桜雨
晴風 桜雨
えっ!?
杏ちゃんって、あの「白石杏」ちゃん!?
ビビバスの!?
白石 杏
白石 杏
そうそう!
私のこと知ってるんだね!(ニコッ
晴風 桜雨
晴風 桜雨
知ってるも何も、大ファンです!✨
お会いできて嬉しいです!‎(◍˃ ᵕ ˂◍)
白崎 琥珀
白崎 琥珀
あ、冬弥…。
久しぶりだな。
元気そうで何よりだ。
青柳 冬弥
青柳 冬弥
久しぶり。
琥珀も、元気そうだな。
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
琥珀の知り合いか?
冬弥…あ、ビビバスの「青柳冬弥」か!
白崎 琥珀
白崎 琥珀
瑠哉もビビバス知ってるんだな。
まぁ、冬弥とは…なんつーか、俺の親父と冬弥の親父が知り合いでな。
たまに家に遊びに来てたんだ。
青柳 冬弥
青柳 冬弥
そう言うことだ。
それより、彰人と小豆沢が全く話さないがどうかしたか?
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
えへへ…なんて言うか…(苦笑)
東雲 彰人
東雲 彰人
話に付いてけねぇ…(苦笑)
白石 杏
白石 杏
あ、ごめん、こはね…(シュン
青柳 冬弥
青柳 冬弥
彰人も…すまん。
東雲 彰人
東雲 彰人
いや、俺は構わねぇけどよ…。
昔からの友人と久々に会ったんだろ?
青柳 冬弥
青柳 冬弥
まぁ、そうなんだが…。
彰人も話そう。
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
彰人…確か、冬弥さんの相棒でしたよね?
今日は、豪華な人に会いすぎて頭パンクしそうだなぁ…。
白崎 琥珀
白崎 琥珀
まぁ、そのうち慣れるだろ。
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
杏ちゃんも、私のことは気にせずゆっくり話してて大丈夫だからね?(アセアセ
甘色 想愛
甘色 想愛
あ!
こはねちゃんってもしかして、杏ちゃんが言ってた相棒のこはねちゃん!?
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
え、そ、そうだけど…(ビックリ
甘色 想愛
甘色 想愛
普段から話は聞いてるよ!✨
「最高の相棒だ!」って!
白石 杏
白石 杏
ちょ!
恥ずかしいんだから、あまり言わないでよ!?/////
小豆沢 こはね
小豆沢 こはね
そうなんだね…。
私も、ちょっと照れるから杏ちゃんもあまり言わないでね?///
晴風 桜雨
晴風 桜雨
相棒は相棒同士なのかな?
お互い照れちゃって可愛い(*´꒳`*)
白石 杏
白石 杏
あ、それより、立ち話も何だし、入ってよ!
ここ、私のお父さんのお店だからさ(ニコッ
…続く__