無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話 セカイ
城上学園に通う4人の学生。
その学生4人には人には言えない秘密があった……。
甘色 想愛
甘色 想愛
ねぇねぇ!
今日もあのカフェ行かない?
新作出たんだよぉ〜!✨
晴風 桜雨
晴風 桜雨
良いね、行こっか!(*´﹀`*)
甘色 想愛
甘色 想愛
やったー!
瑠哉と琥珀はどうする?
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
うーん…せっかくだから行こうかな♪
ね、琥珀?
白崎 琥珀
白崎 琥珀
そうだな。
甘色 想愛
甘色 想愛
よし、決まり!✨
早速予約するね…って、何これ?
スマホを開くとそこには見覚えのないアプリがある
晴風 桜雨
晴風 桜雨
クラッ…シック…?
何かの手違いで入れたの?
甘色 想愛
甘色 想愛
そんなはずは…
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
そりゃ!♪
言いかけた時に瑠哉がアプリ開いていた
甘色 想愛
甘色 想愛
ちょ!
詐欺アプリだったらどうするの…って、眩しい!
瑠哉&琥珀
瑠哉&琥珀
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
想愛&桜雨
想愛&桜雨
きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
眩しい光に包まれた後、ゆっくり目を開けると知らない所に4人は居た
甘色 想愛
甘色 想愛
うぅ…ここ、どこ?
初音ミク
初音ミク
あ、お客さんだ〜!
いらっしゃい♪
白崎 琥珀
白崎 琥珀
えっ、はっ、初音…ミク…!?
甘色 想愛
甘色 想愛
えっ!?
あのVirtualの!?
初音ミク
初音ミク
ふふっ♪
そうだよ〜(ニコッ
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
えっ、僕変なアプリ押した訳じゃ無かったんだね!?
良かったぁ〜…。
晴風 桜雨
晴風 桜雨
良かった…私もビックリしたよ…。
でも、ここは一体どこなのかな?
初音ミクが居るって事は…ここは、ゲームの世界なの?
初音ミク
初音ミク
ここは、人々の"本当の想い"を映し出した不思議な世界だよ♪
想いの数だけセカイは存在してるんだ〜♪
白崎 琥珀
白崎 琥珀
と、言うことは…ここは、俺たち4人の本当の想いを映し出したセカイか…。
鏡音リン
鏡音リン
そうだよ〜♪(ニコッ
初音ミク
初音ミク
あ、リン!(ニコッ
白崎 琥珀
白崎 琥珀
うぉっ…鏡音リンも居るのか…。
本当にこのセカイは凄いな。
緑谷 瑠哉
緑谷 瑠哉
うーん…辺りを見渡す限り…ヴァイオリンにピアノ、コントラバスにホルンやチューバもある。
…見た感じ、"クラッシック"系だね。
初音ミク
初音ミク
ふふっ♪
瑠哉は察しが良いのかな?
ここは、"クラッシックのセカイ"だよ♪
…続く___