無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5,065
2021/11/21

第3話

🐶が3匹。
あなたside
いい兄弟ならば、弟が望むことは快く笑顔で応えるだろう。
でも俺は素直に喜べなかった。
だってもし、莉犬が有名になって傷つきでもしたら………
なんて想像するだけで吐きそうだ。


でも莉犬がやっと自分でやりたいことを見つけたんだ。応援するのが当たり前なのでは無いのか。
俺は無意識に莉犬を抱きしめていた。
莉犬
あなた…?
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
俺は正直いうと反対だ。
自分の意見を伝えると莉犬は真剣な顔になる。
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
でも
莉犬
 ッ !!
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
莉犬がやりたいことは好きにやりなよ。(ニコ
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
今まで無理させすぎちゃったからね。
莉犬
え?いいの…?
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
あぁ。(ニコ
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
何かあったらちゃんと相談すること。
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
いいね?(ナデナデ
莉犬
うん ッ !!(ニパ
本当は反対したかったけど、
今まで死にものぐるいで頑張っている莉犬を見てるから…
_赤暮@あかぐれ_   (なまえ)
赤暮(あかぐれ) あなた
頑張れ、莉犬。(ニコ
莉犬
うん ッ !!沢山の人を笑顔にしてみせる ッ !!(ニコ
応援…するしかないよね(笑)