無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

10¿
クルミ
クルミ
いやぁ、まさかななもり君が親に刺されるなんて
you
you
自分の息子を刺そうなんて…………アイツは母親失格だよ
クルミ
クルミ
しかも、あなたを庇ったなんて
クルミ
クルミ
あなたを甘く見すぎだよねーってな?
you
you
そうそう…
クルミ
クルミ
………ねぇ、あなた
you
you
ん?
クルミ
クルミ
昔の事ってどれぐらい覚えてるの?
you
you
急だなぁ
you
you
私に確か”お姉ちゃん”がいたんだよね
you
you
クルミと同じ名前の子
you
you
毎日が楽しかったなぁ…
クルミ
クルミ
ふーん…
you
you
自分から聞いてきたくせに…
クルミ
クルミ
あははwごめんてww
クルミ
クルミ
そっかそっか





クルミ
クルミ
さぁて、お見舞い行くか
you
you
……うん
クルミ
クルミ
さっきの話
you
you
クルミ
クルミ
その”お姉ちゃん”は、すぐ近くにいるかもね
you
you
…そぉかなぁ
you
you
いると…いいなニコッ





























































クルミ
クルミ
(その笑顔、昔から変わんないよね)