無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10.勉強会2-1










結局、ご飯のあとはおばさんから電話があったから帰っちゃった。









私、偉いんだよ!ウジが帰ったあとも一人で復習頑張ったんだから!







今日みたいにウジが甘々になったら…私心臓持たないな…








さぁ、今日も勉強会だ!









ということで、放課後までとばします。







(帰り道)
ウォヌ
ウォヌ
ねぇ、あなた?
あなた

何?

ウォヌ
ウォヌ
俺さ、親にも許可得たし…ちゃんと荷物も持ってきたし…もしよかったら…
あなた

???

ウォヌ
ウォヌ
今日、お前ん家泊めて!
あなた

え?

ウジ
ウジ
は?
あなた

なんで?

ウォヌ
ウォヌ
だって、お前ら、俺が帰ったあとも仲良く二人で勉強してんだろ?
あなた

いや、仲良くって…ㅋㅋ

ウジ
ウジ
ちゃんと勉強してますけど?
ウォヌ
ウォヌ
俺は、お前らと勉強するよりも一人で勉強する時間のほうが長いの!
ウジ
ウジ
だから?
ウォヌ
ウォヌ
だから…お前らだけ…ずるい…
ウジ
ウジ
はぁ?
あなた

心)おい、自称恋愛のスペシャリスト!恋を応援するなら二人っきりにするべきだろㅋㅋ

あなた

ていうか、なんで泊めてっていう発想になったわけ?

ウォヌ
ウォヌ
電車の時間はそれ以上遅くできないし、ていうことは泊まるしかないだろ!
あなた

あ…そっか…

ウジ
ウジ
納得してんじゃねぇよㅋㅋ
ウォヌ
ウォヌ
なに?ウジは俺とあなたが二人っきりで泊まることが嫌なわけ?(・∀・)ニヤニヤ
ウジ
ウジ
は?なんでだよ。
ウォヌ
ウォヌ
だって、さっきから反論しかしてねえもん。
ウジ
ウジ
別に。そんなことねぇよ。///
ウォヌ
ウォヌ
ふーん(・∀・)ニヤニヤ
あなた

じ、じゃあ!

あなた

3人で一緒に泊まろうよ!

ウジ
ウジ
えっ?
ウォヌ
ウォヌ
それいい!
あなた

でしょ?

ウォヌ
ウォヌ
結局、勉強教えるためにウジもあなたの家にいるわけだし、
ウォヌ
ウォヌ
ウジも泊まりたそうにしてたもんな。
ウジ
ウジ
してねぇって!
あなた

まあまあ、落ち着いて!家ついたし、まずは勉強しよう!その後考えよ!

ウォヌ
ウォヌ
おう!
ウジ
ウジ
そうだな。
ウォヌ
ウォヌ
お邪魔しまーす!
ウジ
ウジ
あ、俺着替えとかとってくるから先に入ってて。
あなた

うん。分かった!







ガチャ
(あなたの家)










ウォヌ
ウォヌ
もう着替え取りに行くって…案外乗り気じゃんㅋㅋ
あなた

ほんとに泊まるの?

ウォヌ
ウォヌ
もちろん。
あなた

変なこと言わないでよね…

ウォヌ
ウォヌ
大丈夫だよ!あくまで、お前たちをくっつけるためにこうするんだから。
ウォヌ
ウォヌ
ちょっと作戦変わってるけどㅋㅋ
ウォヌ
ウォヌ
二人の気まずさをなくすためだから!
あなた

ふーん…

ウジ
ウジ
おまたせ。
あなた

あ、おかえり。

ウジ
ウジ
じゃあ、やるか。
ウォヌ
ウォヌ
ゲーム??
ウジ
ウジ
なんでだよ。勉強に決まってんだろ。
ウォヌ
ウォヌ
えぇ〜息抜きさせてよ〜
あなた

ㅋㅋㅋ

ウジ
ウジ
勉強してから言え。やるぞ。
ウォヌ
ウォヌ
はぁ〜〜い。
あなた

頑張ろ!ウォヌ!

ウォヌ
ウォヌ
おう。
ウジ
ウジ
………








NEXT