無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

自己紹介の続き
グク
グク
ども…グクです!仲良くしてくれると嬉しいです😆
ユンギ
ユンギ
ミンユンギ。よろしく
あ、ユンギは猫は被らない。てゆうか被れない。何故かって?馬鹿正直だから
なんだかんだで休み時間
ヨナ
ヨナ
おいキムテ💢(怒)
テヒョン
テヒョン
あ!ヨナ、どした?
ヨナ
ヨナ
あのあなたが好き宣言は何?
テヒョン
テヒョン
あ、自己紹介だから正直に言っただけだけど?
ヨナ
ヨナ
あ~はいはぃ。あんたに聞いた私がバカでした
テヒョン
テヒョン
?笑
ユンギ
ユンギ
な〜今日あなたの家遊びに行っていい?
私
ん?
グク
グク
あ!僕も!!!!!!!!!!!
ヨナ
ヨナ
私は当然だよね
テヒョン
テヒョン
僕も!!!!!!!!!!!
私
あ、笑、わかった
先生
席につけ〜これかは質問コーナーだ、誰に質問か言ってから質問しろよ~
あなたちゃんに質問!
私
あ、うん
どうしてそんなに美女なんですか?
私
え?笑えっと、親の遺伝?かな?
ヨナ
ヨナ
馬鹿。あなたは神様の子でしょ。
私
は?笑
テヒョン様は本当にあなたちゃんのことが好きなんですか!?
テヒョン
テヒョン
うん!当たり前じゃん?
そんなあなたちゃんは?
私
え。別に好きでもないかな
ユンギ
ユンギ
ヨナはあなたのなんなの~?
ヨナ
ヨナ
え。夫だから、取らないでね
私
笑笑
グク
グク
あなたの
好きなタイプは!?
私
優しくてかっこよっくて面白くて一緒にいて楽しい人、あとは、笑顔が素敵な人
ユンギ
ユンギ
(だよな……)
ユンギ
ユンギ
(練習……練習……)
グク
グク
(練習……)