無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

270
2021/11/21

第3話

雨ってさうざいよね




コンビニ
坂田(なまえ)
坂田あなた
はぁ…だる
モォブゥ定員
あざっしたーー
坂田(なまえ)
坂田あなた
(おにぎりくo)
ザザザッーーー
坂田(なまえ)
坂田あなた
……
最悪だ
坂田(なまえ)
坂田あなた
(傘持ってねぇよ… 銀時に…いや辞めとくわ
なんか嫌な予感しかせん かと言って宛があるかぁ?)
志村新八
あれっ あなたさんじゃないですか
どうしました?
坂田(なまえ)
坂田あなた
あ!新八くん…いややっぱいいや
(なんか、アイドルオタクと同じ傘は嫌だな)
志村新八
オィィィィィィ!!!
心の声丸聞こえだよ!
坂田(なまえ)
坂田あなた
え、ごめんごめん
志村新八
もう…じゃあ僕は先に万事屋に行ってますからね
坂田(なまえ)
坂田あなた
うん ばいばーい
………
坂田(なまえ)
坂田あなた
(やっちまったよ 宛があったのに
唯一宛があったのにやらかしたよ どーする)
沖田総悟
あれ 万事屋の姐さんじゃないすか
どうしたんです
坂田(なまえ)
坂田あなた
沖田くんか…
(こいつに傘貸してって言って貸してくれるか?いや無理だ)
坂田(なまえ)
坂田あなた
ごめん なんでもないわ
沖田総悟
??
傘がなくて困ってたんじゃありゃせんか?
貸しますよ対価は…あんたの命で
坂田(なまえ)
坂田あなた
いらねぇわ!!走って帰るよ!
ダッダッダッ
坂田(なまえ)
坂田あなた
(あいつに借りを作るのも辞めた方が良さそうだ)