無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

208
2021/12/15

第5話

友に『馬鹿は馬鹿だな』って言われたんだが






コンビニ レジ前
坂田(なまえ)
坂田あなた
(おにぎりとお茶と…あ)
自分の目の前に入ってきたのは『煙草』
坂田(なまえ)
坂田あなた
……
少し吸いてぇな…
坂田(なまえ)
坂田あなた
(1個だけ買お)
どーせ余ったらあの〜
『ニコチン中毒』にあげればいいか
モォブゥ定員
アッシタッサー
坂田(なまえ)
坂田あなた
(なんかおかしくね?
今何つった?)
まぁいいや(←良くなくね?)
カチッ ボッ
坂田(なまえ)
坂田あなた
……
スッゥー
坂田(なまえ)
坂田あなた
ハァー
久しぶりに吸ったな
いつ以来かな
坂田(なまえ)
坂田あなた
昔の事は止めよう…
桂小太郎
ムッ あなたではないか
坂田(なまえ)
坂田あなた
まーた厄介なのが来たよ
桂小太郎
良いではないか
…煙草吸ってるのか?
坂田(なまえ)
坂田あなた
ん〜 少しな
ちょっと吸いたくなったんだよ
坂田(なまえ)
坂田あなた
つーかお前ら年上の私に対して接し方が同年代なんだよ
桂小太郎
そうだったな
てっきり同年代かと
坂田(なまえ)
坂田あなた
ひとつ上だわ
坂田(なまえ)
坂田あなた
つかズラ
ラーメン奢って
桂小太郎
ヅラじゃない桂だ
味噌ラーメンでいいなら奢ろうではないか
坂田(なまえ)
坂田あなた
味噌か〜豚骨食いてぇ