無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

襲撃
あなた

はあっ…はあっ

嫌だ。

嫌だよ。
あなた

はあっ…んっはあっ

この角を曲がれば教会がある。

そこに行けばみんながいる…!








「ーーー」
あなた

(ほら…みんなの声が聞こえる…!)

タッタッタッ…!

走り続けて、息が詰まる。

でも逃げなきゃ。

こっちにはまだ来てないはずだから。








私は角を曲がった。
あなた

え…

私の足は、ぴたりと止まってしまった。
あなた

う…そ…

私が目指していた、教会にはたくさんの人がいた。



だけど、そこには大きな身体が2体、いた。
あなた

ど…して…ここまで…

あなた

き…巨人が…っ

巨人たちは教会から何かを引きずり出した。
街の人
街の人
うわあああ、うわあああああ!!
あなた

ひっ…

あれは街の靴屋のご主人だ。

巨人は主人の身体を握って不気味な笑い声をあげた。

街の人
街の人
いやぁぁあああ!!
教会の扉が開き、中から女性が走って出てきた。

しかし、その先には巨人がいて…。
街の人
街の人
いやぁぁ…いやあああああああ!!
ぐしゃり。
あなた

あ…あ…

2人は巨人の餌となった。

教会の扉や窓から無数の手がのびてきて、悲鳴が響き渡る。
あなた

地獄だ…

私はまたもと来た道を走って逃げた。
あなた

嫌だ…あいつらに喰われるなんて…

5年前の惨劇がもう一度…今度はこのトロスト区がシガンシナ区のように破壊された。

今、どういう状況なのか正直分からない。

だけど、巨人が入ってきたということはトロスト区の外門が破壊されたということ。

もしトロスト区の内門が破壊されたら…。

人類はウォールマリアどころかウォールローゼを捨てざるを得ない。

そうなれば、私たちは…。








そんなことを考えている場合じゃない。

人類の未来より、今私が置かれている状況の方が最悪だ。

先ほど教会へ向かって逃げてきた道には無数の巨人がいた。


そこを通って逃げることはできない。

ひとまず内門に近いところまで行かなきゃ。

私がいるここはトロスト区の中心に当たる。

ここから北部へと向かうのが妥当だ。
あなた

はぁ、はぁ…

ドオオオオオオン!!
あなた

ひゃっ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

姫乃
姫乃
受験を控えてますので、気分転換に書いています。 不定期ですがよろしくお願いします。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る