無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

あなた

うっ、、うん

少し経ってドアを開けたが_________









































































___________そこには誰も居なかった。
きむてひょん
えっっ?
きむそくじん
あなた!!!
3人は部屋中を探した。といっても真っ白い部屋にベット机椅子天井には電気ただそれだけの部屋。
ちょんほそく
どこにいったの??あなた??
きむてひょん
「俺達」を置いて行ってどこにいったの?あの時の「言葉」は嘘だったの?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

김 해 추 ☺︎☁︎
김 해 추 ☺︎☁︎
ち ょ ぬ ん き む へ じ ゅ い む に だ 〜 〜 〜 更 新 遅 か っ た ら 多 分 死 ん で る ㅎ ㅎ ㅎ ふ ぁ ん ま ☺︎☁︎ ふ ぁ ん ね s m e r a l d © す き な ひ と ϋ ♡ ゆ う こ ー ん 🍑 🎈 🍑 ❥ 民 ぐぅまる国民🐰🇰🇷💣
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る