無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
792
2021/09/21

第1話

孤独
あみか side

いつからかは自分でもわからない。

この春から、全日制の高校に入学した。

新しい制服に袖を通して学校に向かうと
入学式の日からすぐ友達ができた。
これから楽しい毎日が待っている。
そう思っていたのに

学校が辛かった。

誰と居ても、誰と話してても
孤独に呑まれていくように感じた。
こたつ
こたつ
そろそろミーティング始めよか!
タロー社長
タロー社長
あみかは今日も休みなん?
こたつ
こたつ
体調悪いってママさんから
連絡来とったで
enn
enn
あみか高校入ってから
体壊しすぎちゃう?
アマリザ
アマリザ
確かに休み多いっすね
わかゔぁ
わかゔぁ
大丈夫なんかな〜?
音羽
音羽
新しい環境だし
疲れ溜まっとるのかも
ゑむ氏
ゑむ氏
心配やな
あみか
あみか
(また、休んじゃった…)
(コンコン)
あみかママ
あみかママ
あみかー入るで
体調どう?
あみか
あみか
うん、大丈夫だよ
あみかママ
あみかママ
明日は学校行けたらええんやけど〜…
あみか
あみか


本当は体調なんて悪くない。

ただ、どうしても学校に行く気になれなくて
いつもママのこと騙して休んでる。

友達だって出来て、先生とも仲良くなって
楽しいだらけの毎日なはずなのに…。


一緒に居ても、自分だけ
違う場所に居るみたいだった。

みんなと話していても、
何故だか心から笑えない自分がいた。


今日は学校を休み始めて3日目。

まだ高校に入学して3ヶ月ぐらいしか
経っていないのに、かれこれ4回は
この手を使って何日も学校を休んでいる。

毎回、体調不良だって嘘をついているから
学校を休んだ日は撮影も休むことになる。
あみか
あみか
(みんなに迷惑かけてばっかだ…)グスンッ
ママが部屋を出て行った後、
布団に潜って静かに泣いた。