無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

490
2021/09/20

第3話

震え
あみか side

こたつくんに見透かされた様な気がした。

誤魔化すの下手だったかな…。

実際、こたつくんに言った事は嘘じゃない。
友達だっている。いじめられてるわけでもない。

自分でもこの気持ちがどこから来ているのか
わからなかった。
ゑむ氏
ゑむ氏
あみか…?
あみか
あみか
ッ はい!
ゑむ氏
ゑむ氏
手…震えとるで…?
大丈夫?
向かい側の椅子に腰掛けるなり
そう声をかけて来たから一瞬固まってしまった。

昨日、こたつくんに勘付かれてから
これ以上心配かけるわけにはいかないと
気を張って事務所にやって来たのに
撮影が終わると同時に、明日からまた
学校が始まるという不安と恐怖で
手の震えが止まらなかった。
あみか
あみか
全然、大丈夫ですよー!
ゑむ氏
ゑむ氏
ならええねんけど…
必死に誤魔化してはみたけれど
手の震えは止まらなくて、
それどころか胸がドクドクと
鼓動を上げるのを感じた。
あみか
あみか
ちょっと、トイレ行って来ますね!
落ち着かせなければまた心配をかけてしまう。
一旦トイレにでも入って、止むのを待とう。
そう思って立ち上がった時だった、

視界が砂嵐の様に襲われて
手を机につけて支えようとしたが
震える手にそんな力はなかった。
あみか
あみか
ウッ
次に目覚めると事務所のソファーに
寝かされていて、目を開けると同時に
こちらを見つめるこたつくんと目が合った。
こたつ
こたつ
あみか…!!
あみか
あみか
すみません…
ちょっと目眩が…
こたつくんの声に反応したメンバー達が
次々と安心した、でもどこか不安そうな
眼差しでこちらに向かって来るのがわかった
enn
enn
今日、体調悪かったん?
あみか
あみか
体調は大丈夫です…!
目眩なんてよくあるので…
音羽
音羽
それ大丈夫ちゃうやろ
アマリザ
アマリザ
病院行った方がええんちゃう…?
あみか
あみか
ッ 本当に!大丈夫…です!
今全然元気ですし!
わかゔぁ
わかゔぁ
無理して起きなくてええって…!
タロー社長
タロー社長
とりあえずママさん迎え来てもらうよう
呼んでおいたから、今日は家帰って
ゆっくり休み…?明日学校やろ?
タロ社の言葉を聞いた瞬間
体が震えるのを感じた。
ゑむ氏
ゑむ氏
あみか倒れる前も手…
震えとったし…本当に大丈夫なん?
こたつ
こたつ
あみか…なんかあるなら言いや?
あみか
あみか
…本当に大丈夫です!
ご心配おかけしてすみません!
自分1人で抱えればいいだけなのに。
誰にも迷惑かけないのに。
なんで自分ってこうなんだろうか。
1人で苦しんで辛さに埋もれてこのまま…


少ししてママが事務所に到着したが
ただ俯いて涙を隠すしかなくて
帰り際、まともにメンバーの顔を
見ることもできなかった。