前の話
一覧へ
次の話

第26話

TweLve
66
2022/03/25 14:20
互いが12で重なりあう頃
街は
闇に飲まれる
消えかかることもなく
ただ星は輝る
始まり出してまた終わり
loopの中で彷徨って
針は進んでも
僕は動きもしないまま
ゴロリと時が刻まれる
その瞬間に
何かが変わった
訳じゃないのに
また今日が来たんだ
すぐ傍にあった今日にBYE-BYE
一方が12を通り過ぎた頃
空は
陽に照らされる
届きもしないような
その街の木陰
距離を取らせてと願ったって
遠ざかったって勝てやしない
体当たりしたって
結局折れてしまうんだ
ユラリと時が震える
その度に
やっぱり窮屈で
仕方ないのに
また明日も来るんだ
何が変わったんだ?
何処かで鐘が鳴る
区切りを付けている
境目を分けていく
僕にはそれがない
ずっと引き摺って
ずっと繰り返して
一刻一刻を丁寧に
慎重に進んでいた
針に乗っかることも出来ずに
冷たい過去に睨まれながら
ゆっくりと振り切って
フワリと時が揺れる
その瞬間に
初めて気づいた
僕の窮屈な世界
抜け出せるなら
手を取って
今なら
時計は止まる
時は流れる
僕は止まらず流されないように










パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
ちょいと簡単解説ぅー!
、、、えーとぉ、なんか複雑なんで最後だけぇー!w
パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
「時計は止まる」ってのは、
主人公がずっと見ていた、睨んでた、というか使ってた時計は、
“時”が経って壊れて動かなくなったってこと。
パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
それ以上は貴方次第((((
パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
、、、これねー、個人的にちょっとお気に入r((
パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
12っていう数字が好きなんよね、うん、12愛の一部詰めてみた。(?)
出席番号も12
パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
んー、休止中のましなやつこれくらいしかない、、、
パキャ(作詞作曲者)
パキャ(作詞作曲者)
んじゃぁー、即興再開するわぁー((((

プリ小説オーディオドラマ