無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,201
2020/04/23

第8話

生徒会室で
知らない人(????)
知らない人(????)
ようこそ生徒会室へ
知らない人(????)
知らない人(????)
俺は、生徒会長のグルッペンなんちゃらという
知らない人(????)
知らない人(????)
真面目にやらんかい(  '-' )ノ)`-' )ボコッ
グルッペン
グルッペン
すまない(´ρ`*)コホン
俺はグルッペン・フューラーという
グルッペン
グルッペン
お前達を呼んだ理由は、ショッピとみどりくんのことは知ってると思うが、そこの女子2人も生徒会に入れたいと思う
ショッピ
ショッピ
はい、グルッペンさん何で入れたいと思ったんですか
グルッペン
グルッペン
なぜかと言うと、俺達を見て叫ばないとは、珍しいと思ったからだ
グルッペン
グルッペン
後、お前達を生徒会に入れたら面白そうだと思った
リナ(学校)
リナ(学校)
え?!
それだけで!?
あなた(学校)
あなた(学校)
流石にそれだけで生徒会に入れるのはどうかと……
あなた(学校)
あなた(学校)
というか、私達何にも出来ないですし
リナ(学校)
リナ(学校)
そうです、だからこの件は断らせていただきます
ジャアナ!( `・ω・´)ノシ
それから、あなた達は生徒会室を出て行った(逃げた)
グルッペン
グルッペン
(゜Д゜)しょ、諸君あの2人を捕まえるんだゾ
全員「了解」
.。.:*・゚♡★♡゚・*:.。 。.:*・゚♡★♡゚・*:.。 。.:*・゚♡★♡゚・*:.。 。.:*・゚♡★♡゚・*:.。 。.:*・゚
ヤコ
ヤコ
ら運営、みどりくん以外が出せない(´;ω;`)
ヤコ
ヤコ
こんな投稿遅くて、語彙力ない私の小説読んでいただきありがとうございます