無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

30.
あなた
あなた
今日はありがと、楽しかった
ミナ
ミナ
、、ほんとにそう思ってる?
あなた
あなた
え、、?
1日の予定をおえてふたりでの帰り道

家までの別れ道にミナが尋ねてきた。


ミナ
ミナ
本当に心の底から楽しかったって
思ってる?
あなた
あなた
、、どうして?
ミナ
ミナ
あなたはとってもいい子だから
ミナ
ミナ
私、あなたに辛い思いしてほしくないんだ
あなた
あなた
、、うん
ミナ
ミナ
今日ピリのことみて思ったでしょ、
改めてすごい人だって
ファンの子達をみて、、
あなた
あなた
それは、、
それは、わかっていたことだ


辛くてもいいから

側にいて

好きでいたいって決めたんだ



あなた
あなた
付き合えたり、、するワケじゃないから
あなた
あなた
勝手な私の片思いだし、、
ミナ
ミナ
でもあなたは優しい
ミナ
ミナ
きっと自分のことだけを考えられない
ミナ
ミナ
いつかきっと、、彼やファンのことを考えて
辛くなったり、後悔する日がくると思うの
あなた
あなた
、、うん、、
ミナ
ミナ
あなたの気持ちが一番大事、、
大切にしてほしいけど、、
私にはあなたがいつも幸せでいてくれる
ことのほうがずっとずっと大切なんだ
あなた
あなた
うん、、ありがとう、、
あなた
あなた
でも、、私、、今はこの気持ちが
すごく大切なの
いつか辛い思いをするとしても、、
この思いが叶わないってわかっていても
ミナ
ミナ
、、うん、、あなたらしいね
ミナが私の肩を抱いてくれた
ミナ
ミナ
わかってる、、あなた
ただ心配なだけ、、
何か辛いことがあったらぜったいひとりで
抱え込まないでね、約束だよ。
あなた
あなた
うん、約束。
ありがとう、、ミナ、、
ミナ
ミナ
あなた、、そろそろ帰ろうか
あなた
あなた
そうだね、また学校でね、、
今日は本当にありがとう!
こんなに心配してくれる友達もいる

なんて幸せなんだろう












次はいつ顔を見てお話しできるんだろう






あのハグ以来会ってないし、連絡もない












、、今日はゆっくりお風呂に入って寝よう
そう思って家についたとき
部屋アトリエの入り口に人影が見えた
あなた
あなた
え、、どうして
ピリ
ピリ
こんばんは
今まさに会いたいと思ったひとが私を待っていた
ピリ
ピリ
、、今日会いにきてくれたから


お返し。
あなた
あなた
え?わかったの??
ピリ
ピリ
うん、、退場の時にチラッと、、
いるのがわかった
前の方だったよね?
言ってくれたらよかったのに
あなた
あなた
あぁ、、それが私も今日行くなんて知らなくてさ
ピリ
ピリ
そんなことある?
彼の驚いた笑顔をみて、

やっぱりこうして会うリクスのことが好き


そう思った
あなた
あなた
あ、お茶でも、、
中に入ってと誘ったけど
ピリ
ピリ
あ、今日は

顔を見にきただけ、もう会社に戻らなきゃ
あなた
あなた
えっ
まだ仕事が、、?
そんな忙しい時にありがとう、、!
ピリ
ピリ
いいんだ、僕がそうしたかったから
ピリ
ピリ
ちょうど来たところで、連絡しようと思ってたところに帰ってきてくれたから
僕がそうしたかった、、

その言葉がとても嬉しかった


あなた
あなた
今、リクスのこと考えてたの、
だから、会えて嬉しい
ピリ
ピリ
えっ
少し彼が驚く
あなた
あなた
もう好きってバレてるんだし

こういうの黙ってるのもやめておく

私が言いたいから言ってるの
だから気にしないでと続けた


ピリ
ピリ
、、僕も、、会えてよかった
それに今日来てくれたことが嬉しい
だからそれを直接言いたかったんだ
あなた
あなた
、、うん
その時彼のスマホに着信があった
ピリ
ピリ
もう戻らなきゃ
あなた
あなた
大丈夫?
ピリ
ピリ
通りに出てタクシー拾うよ
ピリ
ピリ
あの、さ
、、もうすぐ休みがあるんだ

よかったらどこかでかけない?
あなた
あなた
っ、、え?
うん、、だけど、、
ピリ
ピリ
じゃあ、また
いいの?と聞く前に彼は小走りで行ってしまった


えーっっっ


どうしよう、どうしよう、、


すごい事を言われたのでは??




いや、違うよね、、
友達として


休みの日に出かけるだけだよね。



舞い上がりすぎてはダメだけど


一緒にでかけるなんて夢みたい、、



楽しみだな、、!