無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

55.
ピリ
ピリ
あなた、、
あなた
あなた
、、、っ、、


写真が出回った日から

連絡もとれないまま

リクスに会えたのは5日後のことだった。


メッセージで短く告げられたのは
リクスが滞在しているホテルと部屋番号だった。


学校が終わり
暗くなるのを待ってから私はその
扉を叩いた。




久しぶりに会えた
その顔を見れた
ただ名前を呼ばれただけで涙が溢れる。





だめだ、しっかりしないといけないのに。




ピリ
ピリ
ごめんね、
迷惑かけたね
ピリ
ピリ
心配したよね
そう言って私の背中をさするリクスは
目の下に濃いクマができていて
心なしかやつれて見えた。

あなた
あなた
、、ごめんね
ピリ
ピリ
、、謝ることじゃない
あなた
あなた
ごめん、なさい、、
ピリ
ピリ
謝らないで、ね?
自分でも驚くくらい涙と謝罪の言葉しか
でない。
ピリ
ピリ
会いたかった、、
優しいハグと頬に唇を感じる
リクスのぬくもりと香りに包まれて
いつもならこんなに幸せなことはないのに。


ここ数日のことが夢だったらいいのに。


そんなありえないことを考えてしまう。
ピリ
ピリ
あなた
ピリ
ピリ
謝るのは僕のほう、、
ピリ
ピリ
辛い思いさせたよね。
あなた
あなた
、、、
ピリ
ピリ
あなたは優しいから、、
本当に。。
ピリ
ピリ
今は、、
、、時間が経つのを待とう
ピリ
ピリ
今の僕にはそれしかできない。
ピリ
ピリ
ごめん、、
こんなことしか言えなくて、、
リクスはずっと私の肩を抱いてくれている。

私を安心させようとして
自分も辛いのに。


私は小さく息を吸った。
あなた
あなた
、、時間が経てば何か変わるの?
ピリ
ピリ
え?
あなた
あなた
、、時間が経って今回のことが
落ち着いたとして、、
あなた
あなた
次にまた起こったら?
ピリ
ピリ
、、あなた、、?
私はリクスの手を両手で包んで
できるだけ
できるだけまっすぐリクスを見つめた。
あなた
あなた
リクス、、大好きだよ
ピリ
ピリ
、、、
あなた
あなた
私たち、ここまで、、
お別れにしよう。
ピリ
ピリ
っ、、あなた、、
あなた
あなた
、、たくさんみんなの意見を
見たの。
あなた
あなた
時間はあったからね、、
あなた
あなた
リクス。
あなた
あなた
リクスは本当に優しい人。
あなた
あなた
みんながリクスのことが
大好きで、
愛されてて、、
あなた
あなた
、、こんなところで
止まっていい人じゃないの。
ピリ
ピリ
、、それがなんで
別れるなんてことになるの?
あなた
あなた
、、私ね、、
考えたんだけど
あなた
あなた
最初はリクスが誰だか知らなくて
リクスのことを知った時に
すごくショックだったけど、
、、ほんとは、、、
あなた
あなた
ただ知る順番が違っただけで
もう私が好きになった時点で
リクスはスキズのFelixだったんだよね。
あなた
あなた
それに気づいて思ったの
あなた
あなた
私、リクスにはずっとリクスで
いて欲しいの。
あなた
あなた
私が好きなリクスでいてほしい。
あなた
あなた
私の彼氏のリクスがいなくなるより、、
私の好きなリクスがいなくなるほうが
怖い。。
ピリ
ピリ
、、、
あなた
あなた
私が好きなリクスでいて、、?
あなた
あなた
笑顔が素敵で、、
みんなに愛されてる、、
そんなリクスを見てたいんだ
ピリ
ピリ
もう、、
そばにいてくれないの、、?
ピリ
ピリ
あなたに
もう会えないの?
あなた
あなた
、、リクス、、
ピリ
ピリ
そんなのイヤだ、、
こんなに好きなのに、、
あなた
あなた
、、私、留学が決まったの。
ピリ
ピリ
え?
あなた
あなた
三日前に、、出してた絵の
コンクールの結果が出て、、
あなた
あなた
、、ほんとにラッキーなんだけど
留学する予定だった人が無理になった
みたいで、私に順番がまわってきたの。
あなた
あなた
留学したら1年は最低でも
帰ってこない。
あなた
あなた
、、1年経っても、、
私の実力の問題だけど、、
できるなら一度は海外で力を試したいから、、
そのまま残るか、、
どこか他の国に行くか、、
ピリ
ピリ
、、、もう会わないって
言いたいんだね?
あなた
あなた
、、うん。
ピリ
ピリ
、、辛くなった?
、、怖くなった、、?
僕のこともう、、
あなた
あなた
リクス、、
あなた
あなた
違うよ、、
リクスのことが大好きだから
あなた
あなた
だからお別れするの
リクスのことが大好きだから。
キラキラ輝いてる、リクスのことが大好き
だから。
悲しいけど

寂しいけど

みんなのために



リクスのために



今日ここでお別れサヨナラをしよう。