無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

26.
ミナ
ミナ
ちょっと!!あの記事なに!?
朝一にミナに話がしたかったのだが

ミナは私を見かけるなり駆け寄ってきて
勢いよく詰め寄ってきた。

あなた
あなた
記事、、?どうしたの?
ミナ
ミナ
まさか見てないの、、?
あなた
あなた
なんのニュース?ミナの事だから芸能でしょ?
一限目の準備をしながら問いかける


ピコン


スマホがなる

あなた
あなた
ん?ミナから?
ミナ
ミナ
、、ネットの記事、、
ミナが記事を送ってくれたみたい

さっそく開いてみる
あなた
あなた
え、、
『人気アイドル同士熱愛発覚!?
 大人気グループのー』

タイトルにはリクスの名前と
女子アイドルのグループ名と名前があった


芸能人にうとい私はそのアイドルがだれかも
ピンと来ないんだけど


記事にはぼやけて画質は悪いが
何かの番組だろうか見つめ合う二人の
写真がアップで載っていた。



あなた
あなた
、、、、、
正直、芸能人のネットニュースなんてどこまでが
本当かなんてわからない


そのほとんどがデマや誇張されたものだと思う



それにリクスはアイドルとしての自分や仕事にかなりプライドを持っているように感じる





そんな彼に熱愛報道、、









あなた
あなた
たぶん、大丈夫だよ、、
そう言いはしたけど



写真の女の子はぼやけていても
可愛くてスタイルがいいのがわかる


それにリクスと同じ派手な髪の色







リクスと同じ世界の人だと思った。







ミナ
ミナ
あなた、、
ミナが優しく背中をさすってくれた


優しさが沁みて涙がでそうだ。
あなた
あなた
ありがとう、私は大丈夫、、。
始業のベルが鳴り席についた



授業なんて上の空だ










記事はきっとデタラメだと思う



だけど
リクスの世界にはとても可愛い女の子がたくさんいて
そんな子たちはリクスと同じように目標を持って頑張る素敵な子たちで

リクスの性格なら友達や、リクスを好きな子だって周りに大勢いるかもしれない





それに比べて
私なんてそこら辺にいる普通の学生で
たまたま運がよくて
有名アイドルと知り合って友達になれた


ただそれだけ




こんな時に
この記事なに?と連絡する勇気もなければ

そんな資格すらない、、





現実を思い知らされて





だんだん虚しくなってきた






これ以上リクスを好きでいつづけても




本当に辛いだけかもしれない






ゴールはないとわかっているのに





走り続けるのは辛いことでしかないのかも




















『着信お知らせ  1件  リクスさん』