無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

17.
あなた
あなた
あの、、?
振り向いて尋ねるけれど彼は俯いてその表情はみえない

腕は掴まれたまま

いつのまにか広場でサッカーをしていた男の子たちも帰ったのか、遠くの車の音が響くだけ。



私はそのまま俯くリクスさんを見つめていた


ピリ
ピリ
行かないで
あなた
あなた
えっ
ピリ
ピリ
このまま帰したら
その顔がゆっくり私を見上げる
ピリ
ピリ
もうあなたさんはただの店員さんに
なっちゃうんでしょっ、、
顔を歪ませて今にも泣きそうだった
あなた
あなた
え、それは、、
ー今さっき振られてるんですが、、

そう言いたかったけどリクスさんがあまりにも切ない顔をしているから、、
あなた
あなた
と、とりあえず一旦座っても、、?
ピリ
ピリ
あ ごめん うん、どうぞ?
そういって私をまた座らせたけど、

手!    手が!  

掴んでいた手は緩められはしたけど
優しくそのまま触れていて
ドキドキするのと同時に

なんか、甘えん坊の子供みたい、、

なんて思った

ピリ
ピリ
なんでちょっと笑ってるの?
あなた
あなた
え、ソンナコトナイデス。
ピリ
ピリ
うそだー
ピリ
ピリ
はぁ、僕かっこ悪い。。
あなた
あなた
そんなことないですよっ!
いつも素敵ですっ
最初の印象が落ち着いていて大人びてみえたけど
今のリクスさんは話し方もくだけて年相応のお茶目さがある

これがこの人の素なんだろうな。




ピリ
ピリ
そんなことないけど、
でもありがとう
ニッコリ微笑まれてキュンとした、けど

私さっきこの人に告白して振られて
何故か引き留められてるんだよなぁ

謎展開すぎるよ。。