無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

20.
ピリ
ピリ
前髪、少し切ったね?
バイトが終わり、今日は時間があるようで
前に来た公園で少し話でもしようと誘われた
あなた
あなた
うん、少しだけ
目にかかりそうだったから
自分で切っちゃった
ピリ
ピリ
へぇ
似合ってるよ
あなた
あなた
ありがとう
えへ、嬉しいな
あなた
あなた
リクスは髪長いね
伸ばしてるの?
ピリ
ピリ
そういうワケじゃないんだけど、、
次のイメージをする時にどちらにもできるし
今は伸ばしてるって感じかな?
そう言いながらリクスが自分の襟足を見ようと
必死に首を曲げるのを微笑ましく思いながら
そっと見る


彼の正体を知ってから少し経つが
笑顔の印象だけでなく
彼は思っていたより無邪気で可愛い


動画などのファン向けのコンテンツは
見ないと思っていたが
ひとつ見だしたら止まらず片っ端から見てしまってその可愛さは予習済みなんだけどね

たくさんのStray kidsのFelixの姿をみて

どれもすごくかっこいいし可愛いし

夢を追う姿がひたむきで素敵だと思った

けど



やっぱり私が好きになったのは
リクスさんなんだよなぁ

としみじみ思った
ピリ
ピリ
あなた、、?どうかした?
あなた
あなた
えっあっごめん考え事💦💦
ピリ
ピリ
疲れてるんじゃない?
もう今日は帰ろうか?
あなた
あなた
ち、ちがうの!
そんなこと言ったらリクスのほうが
疲れてるのに、、
ピリ
ピリ
僕なら大丈夫、これも大切な僕の
時間だから
その優しい眼差しにドキッとしたけど

私は彼の友達

友達としてここにいることを許されているんだ


だからこんなやましい気持ちは早く捨てなきゃ


そう、友達になったあの日からずっと自分に言い聞かせていた

突然ビュウッと強い風が吹き抜けた
あなた
あなた
きゃ、風つよいね〜
ピリ
ピリ
あ、
あなた
あなた
ん?
リクスの手がおデコに近づきそっと前髪に触れた

ピリ
ピリ
せっかくの前髪が風に吹かれちゃった
そう言いながら前髪をキレイに整えてくれるみたい

少し縮まる距離にまっすぐ顔がみれなくて
思わず目をそらした



あなた
あなた
ありがとう、テキトーでいいよ
ピリ
ピリ
ダメだよ、可愛いんだから
あなた
あなた
そ、んなことないよ、、
少し声が裏返った、可愛いなんて言うから。

その時ふとミナが言っていたことを
思い出した


そういうことを受け入れたらいけないよ、と


ニブい私でも世の中には
そういうことがしたい為に女の人に優しくする
男の人がいるってことは知っている


けど
目の前の彼はどんなに厳しくみても
そんな男にひとつとして当てはまる気配すらない


むしろそんな男とは真逆にすら見える
ピリ
ピリ
ん、戻った
あなた
あなた
ありがとう、、
満足そうにニンマリと笑うリクスをみて
ミナの言葉はどこかへ飛んでいった
ピリ
ピリ
おっと
塾帰りだろうか公園をショートカットの為に
横切る何人かの集団がこちらに歩いてくる

リクスはすばやくキャップとマスクを着けて
グッっと親指を立てた

集団は少し近づくとこちらをカップルとでも
思ったのだろうか
気を利かせて静かに通り過ぎていった

あなた
あなた
何気にここって人が多いよね
ピリ
ピリ
そうだね、、
あなた
あなた
大丈夫、まさかこんなところにスターが
一般人といるなんて誰も思わないよ
ピリ
ピリ
スターなんかじゃないけど、、
うん、そうだね
ピリ
ピリ
気を使わせてごめんね
少し悲しそうな顔をするから


やっぱり目がそらせなくなってしまう
あなた
あなた
気なんて、、
あなた
あなた
あ、そうだ
あなた
あなた
私にいい考えがある!
あなた
あなた
リクス
今度からは私の部屋に来ない?
ピリ
ピリ
え??