無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

59.
あなた
あなた
ホントはね、あの絵は
描くハズじゃなかったの。
ピリ
ピリ
僕の?
あなた
あなた
うん、そう
あなた
あなた
でも、必要になっちゃった。
あなた
あなた
私が自分でリクスの声をどこにいても
聞きたいって言ったのに、
毎日曲聞いたり、MV見たりしたら
なんだか私とのリクスがぼやけて
きちゃって
ピリ
ピリ
あなたとの僕?
あなた
あなた
うん、そう
私たち、写真とか撮らなかったし
ピリ
ピリ
そうだね、気をつけてたから
あなた
あなた
でも一枚だけあったの
あなた
あなた
ブレブレの、鳩との写真。
あなた
あなた
あー、、これ
私とのリクスだって
すごく思った。
それからすぐに作業に入った。

あの時の笑顔を思い出すと 
あの時の感情まで鮮明に思い出した。
あなた
あなた
、、好きって思う気持ちと
、、もう忘れなきゃって
気持ちを、両方込めたんだ。
ピリ
ピリ
僕は、、
好きの気持ちだけを
感じたけど?
片眉をあげてリクスが笑う。
あなた
あなた
、、そうかもね
私もまだまだだ。
ピリ
ピリ
そうだよ
僕たちまだまだ
これからなんだ。
リクスが私の手に自分の手を優しく重ねて笑う。
 




あなた
あなた
いいのかな?
まだ不安な私を見透かすみたいに
頬にキスをくれた。

ピリ
ピリ
あなたは
何度不安になってもいい。
ピリ
ピリ
その度に僕がちゃんと
安心させるから。
ピリ
ピリ
何度でも伝えるよ
ピリ
ピリ
あなたが好き
ピリ
ピリ
あなたと一緒にいたい
もう日も落ちて暗くなった中で
リクスの真剣な瞳だけが光っていた。

その瞳に映るのは私だけ。

あなた
あなた
うん、、私も一緒にいたい。
あなた
あなた
いいんだね、、?
ピリ
ピリ
もちろん
飽きるくらい一緒にいよう。
これからずっと。
あなた
あなた
飽きてもらっちゃ
困るな
苦笑いの私に
ピリ
ピリ
例えだよ、
飽きるなんてないよ。
諭すように抱きしめられた。
頭の上でリクスが深く息を吸った。


ゆっくり近づいた顔に自然と目を閉じる。




一瞬触れるだけのキスをした。

ピリ
ピリ
、、おかえり。
あなた
あなた
ふふっ
ただいま
それから何度も懐かしい唇を合わせた。

もう離れない、離さない。
そう言ってくれてるみたいに。



















ピリ
ピリ
指輪を用意しよう。
あなた
あなた
指輪?
ピリ
ピリ
そう、お揃いのやつ
ピリ
ピリ
今度一緒に選ぼう。
あなた
あなた
、、うん。
ピリ
ピリ
、、泣かないで?
溢れた涙を指で優しくすくわれる。
あなた
あなた
嬉し涙だよ、、
ピリ
ピリ
うん、わかっては
いるんだけど、、
ピリ
ピリ
しばらくあなたの
涙はみたくない。
ピリ
ピリ
ずっと笑ってて?
あなた
あなた
、、うん。
スン、と鼻をすする私に
リクスはニッコリと笑う。



たぶんこれからも不安になることは
きっとずっとあるでしょう。


だけどその度に、
その笑顔をみつめていられる
幸せをリクスが思い出させてくれる。




私もリクスが幸せであるように
隣でずっと願っていくよ。





これから何年先も。









END.