無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

49.
ピリ
ピリ
必要なものは歯ブラシと〜
あとなんだろう?
ピリ
ピリ
ピリ
ピリ
お菓子、お菓子も買おう!
甘いのとしょっぱいの
どっちも!
あなた
あなた
、、、。
ピリ
ピリ
あなた、どうしたの?
あなた
あなた
、、楽しそうだね?
ピリ
ピリ
うん!だって
今日は朝まであなたと
いられるから♪
そう言って棚からチョコレートを取り
買い物カゴに入れる私の彼氏。


深く帽子を被りマスクをつけて
目元もわかりにくいけど
すごく楽しそうなことはわかる。
あなた
あなた
あの、本当に一人で
大丈夫なんだよ?
あなた
あなた
子供じゃないんだし、、
ピリ
ピリ
未成年は子供だよ?
オッパが一緒にいてあげる♪
あなた
あなた
、、オ、オッパ、、
聞き慣れない
呼び慣れない言葉に思わずどもる。


リクスはこれも〜とお菓子をヒョイヒョイ
カゴに入れている。
この人、、この状況をすっごく
楽しんでる、、!


でもわかってるの?

朝まで一緒にいるって

どういう意味なの?





お父さん、お母さん、、

そして叔母さん、、



どうしてくれるのっ、、! 












話は1時間ほど前に遡る。





いつもの様に夕方くらいから
私の部屋アトリエ_で二人で
ゆっくり寛いでいた。

そこに出かけている母からの電話が
鳴った。
あなた
あなた
あ、お母さん?どうしたの?
えっ、、
高速道路止まっちゃったの、、?
一般道も、、?
あなた
あなた
うん、うん、
私は大丈夫、、
うん、わかった。
二人とも気をつけて
ピリ
ピリ
、、どうしたの?
あなた
あなた
今日、両親が叔母さんちに行ってる
って言ってたでしょ?
ピリ
ピリ
あぁ、ケガした叔母さんの
お見舞い?
あなた
あなた
うん、怪我自体はぜんぜん
大したことなかったみたいなんだけど
あなた
あなた
叔母さんの家少し遠くて
あなた
あなた
なんかあっちのほう
雨風が強くて高速道路が
止まった上に
あなた
あなた
一般道も土砂崩れの
心配とかで今日帰れそうに
ないみたい。
叔母さんちに泊まるって
ピリ
ピリ
そうなんだ
こっちは全然大丈夫なのにね?
あなた
あなた
うん、
まぁ悪天候の中に無理して
帰ってくるよりは安心だから
いいけど。
今日は一人だな、何気なく呟いた言葉に
リクスが素早く反応した。
ピリ
ピリ
じゃあ今日は僕が
一緒にいてあげようか?
あなた
あなた
え?
ピリ
ピリ
一人だと不安でしょう?
だから今日は僕、あなたの
家に泊まる!
リクスの瞳が楽しそうにキラリと
輝いた。
あなた
あなた
いや、普通に無理。
ピリ
ピリ
えーっと、、
リクスは私の言葉を無視して
スマホを取り出して電話をかけた。


どこか少し緊張するように
友達が困っているから
朝まで帰らないと誰かに伝えて
感謝の言葉を述べると
電話を切った。
ピリ
ピリ
OK
あなた
あなた
、、誰にかけたの?
ピリ
ピリ
チャニヒョンだよ?
あなた
あなた
、、リ
リーダーの?
あなた
あなた
おっ
怒られなかった?
ピリ
ピリ
うん、大丈夫
あなた
あなた
、、私とのこと
メンバーのみんなには
内緒なんだよね?
前にそう話してくれてたから。
ピリ
ピリ
ん〜
内緒だけど
暗黙の了解、って
感じ?
ピリ
ピリ
だってここ最近の僕、
泊まりはないけど
出掛けすぎだよ 
わかられちゃうよね〜と
くしゃりと笑う。
あなた
あなた
わ、笑ってる場合なの?
大丈夫?
ピリ
ピリ
大丈夫、
そこは僕の信用問題だし
ピリ
ピリ
それに
あなたが頑張っていろいろ
我慢してくれてる分、
しっかり信用が積み重なって
いるんだよ。
ピリ
ピリ
口を出す様な事じゃないって
見守ってくれてるんだ。
あなた
あなた
、、我慢なんてしてないよ
あなた
あなた
ここでゆっくりするのが
ホントに好きだもん。
ピリ
ピリ
、、うん、、
僕も大好き
そう言って優しく微笑むリクスの
柔らかい表情がゆっくり見れるから
ここが好き。


リクスの笑顔が大好き。


あなた
あなた
でも嬉しいけど
泊まりは本当に大丈夫。
ピリ
ピリ
、、ご飯作ろう!
何が食べたい?
材料買いに行こう、
あと何がいるかなー?
さっきからなんで
無視なの?

もしかして周波数合ってないの?
あなた
あなた
ねぇ、リクスっ、、
もう一度強く言いかけて、
そしたら一瞬でリクスが
すごく真面目な表情になるから
言葉が続けられなくて
ピリ
ピリ
こんなこと滅多にないしさ
ピリ
ピリ
明日の朝早くには帰らないといけないから
夜だけになっちゃうけど
ピリ
ピリ
一人にさせるの
本当に心配なんだ。
ピリ
ピリ
普段は出来ないけど、
こんな日くらいは
彼氏らしいことさせてほしいな
ピリ
ピリ
、、ダメかな?
あなた
あなた
、、その顔ズルいよっ、、!
きゅるんと少し上目遣い気味にこちらを
見るリクスは可愛いすぎて
私を落としにかかってる。

いや、もうとっくに落ちてるんだけどね。
ピリ
ピリ
いいの?
あなた
あなた
、、ぅ、う、、
ピリ
ピリ
それとも、、
もしかしてあなた
ピリ
ピリ
何か
イケナイ事考えてる?
あなた
あなた
かっ考えてない!!
ピリ
ピリ
じゃあ何にも心配することはないね
はい、決まり。
、、か、、考えてないワケなくない?

初めてお泊まりとか、、

私だけがドキドキしてるの?

ピリ
ピリ
じゃあ買い物に行こうか?
差し出された手のひらに

私は緊張を隠したくて

あなた
あなた
うん
平気な顔をしてその手をとった。