無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

呟き
君のそばにいたかったよ。

一緒に笑っていたかった。

君を笑顔にしたかったよ。

辛いことに早く気づけば良かった。

でも話してくれてありがとう。

それからは無理して笑うことが少なくなったね。

少しでも無理しないでいいようにそばにいたい。

君にとってはどうでもいい人だろうけどね。

私にとっては恋愛的でないけど大事な人なんだよ。

君には笑っていて欲しい。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

夏桜桃
夏桜桃
ほのぼのとやっていきます
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る