無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,472
2020/12/28

第4話

4
放課後

『っしゃぁぁ放課後じゃぁぁい!!』

友「うっさいわ笑」

『あは』

友「じゃあ明日ねー」

『明日生きてるかな私』

友「生きててね!?笑」

『あーい、ばいばーい』

友「バイバイ!!」



『今日は何センチくらい可愛くなれますか?』

侑「いや、十分可愛ええのにこれ以上
可愛くなったらあかんやろ」

『いや、こうゆう音源や』

侑「なんの音源?」

『TikTok』

侑「あなたしとん!?」

『おん』

侑「みたいな」

『え、やめて』

侑「えー」

治「なんの話しとん」

角名「何をやめるの」

『あっ先生の話長かったんやな』

治「おん」

角名「うん」

侑「サム聞いてや!」

治「なんやねん」

侑「あなたTikTokしとんねん!」

治「それくらい知っとるわ、有名やし」

侑「嘘やろ!?」

治「ほんまや」

角名「ちなみに俺も知ってる、結構有名だよね」

侑「なんで俺だけ知らんのや!!」

北「なんや騒がしいな」

4人「すみません」

侑「あっ北さん!!」

北「なんや」

侑「あなたがTikTokしてるの知ってますか!?」

北「それくらい知っとるわ」

侑「嘘、やろ」

北「嘘ちゃうわ」

侑「もうあかんわ、生きてけへんわ」

『なんでやねん』

『てかはよ行こうや』

侑「ウッせやな」








カラオケ店到着


『誰が1番最初に歌うん』

侑「あなたやろ」

『なんでや嫌やわ』

治「じゃあツムでええんちゃう」

侑「1番ほど恥ずかしいのないで」

角名「じゃあじゃんけんで決めれば」

北「それやったら喧嘩せんでええな」

『負けたないなぁ』

侑「最初はグーじゃんけん」

5人「ほい」


侑✊

治✋

角名✊

北✋

あなた✋


侑「あかーーん」

角名「まじか」

『2人で歌えば』

角名「えぇ」

侑「そんな嫌そうな顔すんなや」

『じゃあ私入れたるわ』

2人「え」

『よっと、ほな頑張れ』

侑「なんでロメオなん」

『角名って愛蔵と声同じやん』

角名「めたいんだけど」

侑「俺声ちゃうんやけど」

『知らんわ、宮野真守さんvoiceやから大丈夫や』←

角名「だからめたいんだけど」

侑「えー」

『ほら始まるで』

治「頑張」

侑「他人事やな」

治「おん」

北「楽しみやなぁ」

『そうですね!北さん』