無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
2,633
2020/12/08

第1話

1
設定

神谷あなた

誕生日:10月7日

身長:165cm

好物:イチゴタルト

最近の悩み:侑がうるさい

稲荷崎高校2年生

2年2組で侑と同じクラス

男バレマネ

よく角名と双子の面白い場面を撮ってる

頭が良く常に学年1トップ

美人で学校1モテる

かっこいいところがあり

意外にも女子に人気

侑か治なら断然治らしいが1番は北さん

中学まではバレーボールをしていた

ポジションはセッター

宮兄弟とは幼なじみ

一人暮らし


------------------------------------------------------------------------------

私の朝はある夢で始まる

「大きくなったら結婚しよな!」

『うん!!』

誰かは分からない…顔が見れない

ただ1つだけ、この人はきっと私の初恋の人だ

夢から覚めるとまず最初に目がつくのは

治「おはよーさん」

『…なんでおんねん』

治「朝早く起きすぎて暇なんよ」

『今何時や』

治「6時10分」

『…早すぎやろ』

その時ドアが勢いよく開いた

侑「やっぱここか!!」

治「なんや、起きれたんかいな」

『2人ともお早いことで』

治「ってことで朝ごはん作ってーや」

『どーゆうことやねん( ˙-˙ )』

侑「せやな、お腹すいたわ」

『食べてから来いよ』

治「一刻も早く会いたかってん」

侑「俺も一刻も早く会いたかってん」

『あーそうですか』

治「冷たいなぁ」

侑「いつもの事やろ」

『おい』

『何が食べたいんや』

治「おにぎり」

侑「俺も」

『おにぎりな』

侑「5個食べるわ」

治「俺6個」

『今日はあんま食べんのやね』

侑「昨日のご飯が多すぎてな」

治「…当分肉はみたない」

『何があったんやねん( ˙-˙ )』










治「うんまぁ」

侑「塩加減が丁度ええわ」

『そか良かったわ』

『じゃあ私は用意してくるからな』

治「おん」

侑「食べんの?」

『私も昨日食べすぎてな…
当分寿司はみたないわ』

治「何があったんや」

『大食いの子と食べに行ってた』

侑「そらそーなるわな」











『用意できたし行こか』

治「おん」

侑「せやな」

ガチャ

『そーいや今日部活ないんやったっけ?』

治&侑「そーなん!?」

『え〜昨日言ってなかったか?』

治「ボーとしてたわ」

侑「俺も」

『あっあれ角名ちゃうん?』

侑「ほんまや」

『ついでに聞こか』

『おはようさん角名』

角名「おはようあなた」

侑「俺らは!?」

角名「あ〜忘れてた」

侑「絶対わざとやろ!?」

『なぁ角名、今日って部活休みやんな?』

角名「うん」

『ほら』

侑「ならなら!!遊びに行こーや!!皆で」

3人「え?」