無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

そらるさんと英語 ①
【afterとinの違い】

afterは後ろに動名詞やSVが来る。
inは後ろに時間が来る。


「って覚えとけばまず大丈夫。あと違いって言ったら、afterは現在いまとは時間的に切り離されてて、inは現在いまと繋がってる感じかな」

「今と繋がってる?」

「んー、なんて言ったらいいのかな。inは、現在いまを始点……つまり始まりと考えて、そこから何分後、って時に使うの」

「はあ……」

分かっていないような声を出すあなた。

そらるはどうすれば彼女にこの二つの違いが伝わるか考え、例を出すことにした。

「例えば、俺がこの後あなたの家に行くとする」

「え、ちょっ何の話ですか」

「例があった方が分かりやすいかなって」

「いや、仮定がおかしくないですか」

「まあそれでな」

スルーされたことに何も感じないわけではなかったが、確かに言い合っても仕方がないためあなたは大人しく口を閉じた。

「この勉強会は6時には終わるだろ。6時ってのは今から1時間後、つまり英訳すると

We will stop studying in an hour.
(俺たちは1時間後に勉強をやめる)

で、俺がお前の家に行くのは、一旦家帰って着替えとかして出直してからだから

I’ll go to your house after seven.
(俺は7時以降にお前の家に行く)

って感じで、ほら違うだろ」

「なるほど……でも出直すところまで考えててちょっと怖いです、本気で来たりしませんよね」

「俺からお前ん家結構近いよな」

「ねえ否定してください!!」

「ははは」

どっちとも言わずただ笑うそらる。

あなたがだんだん苛立ってきたようにむううっとすると、そらるは机に頬杖をつき、少し首を傾けて言った。

「Do you want me to tell the answer?」

急に大人びたそらるの雰囲気にどきりとしつつあなたは答える。

「……Yes.」

そらるがふっと口の端を緩めた。


「勉強の続きやるか」

「えっ、……〜〜もう!」

参考書のページをめくったそらるは一瞬で真面目な顔つきになり、怒るに怒れなくなったあなたはひとりもどかしさを持て余すこととなった。