無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

22(男子)





「私、もう、気持ちがわかんなくなっちゃったかも。」

「だから、、、」

「少し距離置きたい、、、。」



彼女から告られた。


「あ、うん、分かった、、、。」


いきなりでこんな言葉しか言えなかった。




でも、







絶対、君の気持ちは離さないから。