無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#11
奏多と一緒に帰り道を歩き出した。
奏多
てか今日なんかあったらしいやん
吉田○○
ん?なにが?
奏多
なんか1人の女の子を大人数の女子が囲っててそこにさっそうとあなたが登場したって笑笑
吉田○○
その1人の女の子ってさっきの子だよ!
奏多
そゆことかぁ
奏多
それで解決したんか?
吉田○○
したした!!
奏多
ならええやん
吉田○○
うん!うちにできんことはない!
奏多
そやな笑
問題は次の日からだった。
母「ごめんね、あなた。明後日引っ越すことになったの…」
吉田○○
え……
吉田○○
分かった…
母「じゃあ明日先生方に挨拶に行くから帰ってきたら荷物準備しといてね」
吉田○○
分かった!じゃあいってきまーす
暗い気持ちで家を出ると
吉田○○
いてっ!
人とぶつかった。
吉田○○
あ、すいません!
奏多
こちらこそすいませ…なんやあなたか
吉田○○
え、奏多やんー
奏多
どーかした?暗いけど
吉田○○
…あのね、明後日引っ越すことになった
奏多
え……
吉田○○
今までたくさん迷惑かけてごめんね。奏多とおるとすごい楽でここが私の居場所なんだって思ってた。ほんとうに今までありがとう
奏多
…俺も明日引っ越すんや。ほんまにあなたとおるの楽しくて1番の親友やった。離れても連絡するしまた遊び行こうや。バスケしような
吉田○○
あたりまえや!!…よし、学校行こか!
奏多
そやな
奏多おらん学校生活とか楽しくない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょう
りょう
よろしくお願いします! ファンマ:🌈🐷👊🐺 LDHが大好きです!! 好きな人⏬ GENERATIONS片寄涼太 THE RAMPAGE吉野北人・川村壱馬・藤原樹・長谷川慎 FANTASTICS佐藤大樹・木村慧人・中島颯太 劇団EXILE佐藤寛太 ー作品ー 自分の存在:連載中◀️代表作 出会えてよかった~面接~:完結 出会えてよかった~メール~:完結 星空:完結 いつか…:完結 大切な人:連載中 最後の記憶の私、笑ってますか:連載中 亀更新だし意味わからないところもあると思いますが読んでもらえたら嬉しいです! みなさんからのコメントがすごく嬉しいです! いつもありがとうございます!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る