無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1
バスケ大好き、LDH大好きの中三。
2ヶ月後に最後の試合を控えていた。
いつも通り朝の5時に起きてランニングして弁当を準備して朝練に向かう。
膝になにか違和感を感じた。
ここ最近ずっとだった。
まぁよくある成長痛とかでしょう。
吉田○○
いってきまーす…
まだ寝ている家族に静かに挨拶して向かった。
朝ごはんを準備して洗濯物を干しているといつもいいくらいの時間になるから。
誰もいない体育館。
準備しながら着替えを済ませるとアップを始める。
手早く済ませるとボールを触る。
おもむろにスリーポイントラインに立ってボールを離す。
スカッときもちのいい音を立てるリング。
この感覚が好きだ。
その後更新されたバスケのYouTubeを確認してその練習をする。
ハンドリングもしっかりやる。
夢中になっているとだんだん他のメンバーも来だした。
その後は30分くらいメンバーと練習した。
SHRをうけているうちに眠すぎて寝てしまった。
気づかないうちに始まった1時間目。
眠い目をこすりながら起きると
ざっきー
おはよーあなた
吉田○○
あ、おはよーございます
ざっきーこと松崎先生の授業だった。
みんな苦手とか言うけど面白いからわりとすきだ。
ざっきー
今日は何時にきたんやー?
吉田○○
今日は6時すぎっすかね?
ざっきー
お、頑張ってんなー総体頑張ろうな
吉田○○
もちろんっす!
意外と優しいしね。
そのあとはざっきーと雑談ばかりの授業だった。
その後も授業妨害をしてずっと先生と雑談ばかり。
ついに部活の時間になるとカバンを持って教室を飛び出す。
後輩よりも先に行って準備を始めるもんだから
後輩1「あなた先輩!早いです!準備を私たちにさせてください!」
頼まれるというか軽く怒られてしまう笑
ざっきー
あなたー今日も早いなー練習熱心なのはいいけど怪我には気をつけろよー
吉田○○
もちろんです!
ついこの間疲労骨折が治ったばかりだけど悠長なことは言っていられない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょう
りょう
よろしくお願いします! ファンマ:🌈🐷👊🐺 LDHが大好きです!! 好きな人⏬ GENERATIONS片寄涼太 THE RAMPAGE吉野北人・川村壱馬・藤原樹・長谷川慎 FANTASTICS佐藤大樹・木村慧人・中島颯太 劇団EXILE佐藤寛太 ー作品ー 自分の存在:連載中◀️代表作 出会えてよかった~面接~:完結 出会えてよかった~メール~:完結 星空:完結 いつか…:完結 大切な人:連載中 最後の記憶の私、笑ってますか:連載中 亀更新だし意味わからないところもあると思いますが読んでもらえたら嬉しいです! みなさんからのコメントがすごく嬉しいです! いつもありがとうございます!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る