無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

#15★
ー今ー
あの子のことがあってからなおさら奏多は離れなくなったんだ。
ほんとに奏多には感謝している。
それからほとんど毎日リハビリしてる私を応援しに来てくれてる。
そして総体まで1週間をきったころやっとジョギングができるように復活した。
お医者さんからも無理しないって約束で許可がでた。
みんなにサプライズで練習に行くんだ!
吉田○○
おはようございます!!
後輩「あなた先輩!?」
奏多
あなた!?大丈夫なん!?
実は奏多にも内緒にしてました。
吉田○○
もう復活しました!今日から練習します!
ざっきー
ほんまに大丈夫なん?
吉田○○
できるだけ対人はまだでお願いします!
七海「良かった…あなた先輩…」
七海が安心した顔でこっちを見ていた。
吉田○○
心配かけてすいませんでした!!
奏多
あなた、おかえり
全員
おかえり
吉田○○
ただいまー!!
とりあえず今日はストレッチばかりしていた。
ざっきー
そういえばあなた、なんの仕事してる人か分かった?
奏多
あ、陣さん返事きたの?
吉田○○
あ、うん…
実は電話かかってきて話した。














プルルルッ
“陣さん”
「もしもし、陣です」
吉田○○
「え、陣さん…あなたです!!」
“陣さん”
「ごめんね、電話でられなくて…手術したんだね。よく頑張ったね」
吉田○○
「はい…」
目頭が熱くなる。
“陣さん”
「リハビリ大変だけど頑張ってね」
吉田○○
「ありがとうございます…」
“陣さん”
「高校でも続けるの?」
吉田○○
「いえ、辞めます」
“陣さん”
「なんで!?」
吉田○○
「やりたい仕事につきたいって夢を叶えるためにです」
“陣さん”
「なにしたいの?」
吉田○○
「今までお世話になった人に恩返しができる仕事って言うのは決まってるんですけど…」
吉田○○
「あの、陣さんはなんの仕事されてるんですか?」
“陣さん”
「俺は…テレビ関係かな?」
吉田○○
「ディレクターさんとかですか?」
“陣さん”
「まぁそんな感じかな?」
吉田○○
「なんでその仕事に?」
“陣さん”
「まぁ初めは憧れかな?」
吉田○○
「なんかいいですね!!」
吉田○○
「あ、こんな時間か…長電話してすいませんでした!!お仕事頑張ってください!」
“陣さん”
「ありがとう!あなたちゃんもリハビリ頑張ってね!電話でれないかもだけど留守番電話残してくれたら返事するから」
吉田○○
「はい、ありがとうございます!」
“陣さん”
「うん、じゃまたね」
吉田○○
「はい!」
名残惜しく電話を切った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょう
りょう
よろしくお願いします! ファンマ:🌈🐷👊🐺 LDHが大好きです!! 好きな人⏬ GENERATIONS片寄涼太 THE RAMPAGE吉野北人・川村壱馬・藤原樹・長谷川慎 FANTASTICS佐藤大樹・木村慧人・中島颯太 劇団EXILE佐藤寛太 ー作品ー 自分の存在:連載中◀️代表作 出会えてよかった~面接~:完結 出会えてよかった~メール~:完結 星空:完結 いつか…:完結 大切な人:連載中 最後の記憶の私、笑ってますか:連載中 亀更新だし意味わからないところもあると思いますが読んでもらえたら嬉しいです! みなさんからのコメントがすごく嬉しいです! いつもありがとうございます!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る