無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

#13
噂の子「あなた、ちょっといい?」
あの子によびだされた。
吉田○○
どうしたの?
噂の子「私奏多のこと好きなの。あなたもでしょ?」
いつの間にあなたと呼ばれる仲になったのだろうか…
吉田○○
私はただの幼なじみだよ
噂の子「そーゆーのいいんだけど。明日一緒に過ごしたいから私に変わって」
吉田○○
いや、でもそこは…
噂の子「譲る気ないんだったら分かった。勝負しよ」
吉田○○
なにで??
噂の子「うーん、おしずもう」
そんなのか!って思ったけど受け入れた。
噂の子「よーい、スタート!」
思いっきり押したら倒れた。
弱い…
噂の子「いった…」
奏多
あなた??
奏多がいた。
噂の子「奏多、あなたに押し倒されたよ…」
奏多
え、何言うてんの?
奏多
まぁ確かにあなたが押して倒れたところは見た
噂の子「やっぱ…」
奏多
だけど今のおしずもうだろ?それぐらい分かるっつーの。邪魔すんのやめて。いこ、あなた
吉田○○
う、うん
次の日の朝、学校に行くと
男子3「あなた、奏多、転校するんだな…これ、みんなから」
袋に入った薄いものとなにかをもらった。
薄いほうをあけると色紙が入っていた。
吉田○○
わぁーありがと、ぅ…
色紙をみると黒いマーカーペンでめちゃくちゃにしてあった。
奏多
すげーな、これ!1日で?
男子4「俺らなめんなって!」
奏多
そーだな!な、あなた?
吉田○○
え、あ、すごいね!
奏多
あなた、見せろ
奏多にばれたらしい。
大人しく渡すと
奏多
…これ、あの女がさわれるタイミングあった?
男子1「あったかも…」
噂の子「あーあ、ばれたならしょうがないや。これ」
ほんとのやつを渡してきた。
見ると確かにすごかった。
吉田○○
みんなありがとう!!
噂の子「おもんな…」
そう言って去っていった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょう
りょう
よろしくお願いします! ファンマ:🌈🐷👊🐺 LDHが大好きです!! 好きな人⏬ GENERATIONS片寄涼太 THE RAMPAGE吉野北人・川村壱馬・藤原樹・長谷川慎 FANTASTICS佐藤大樹・木村慧人・中島颯太 劇団EXILE佐藤寛太 ー作品ー 自分の存在:連載中◀️代表作 出会えてよかった~面接~:完結 出会えてよかった~メール~:完結 星空:完結 いつか…:完結 大切な人:連載中 最後の記憶の私、笑ってますか:連載中 亀更新だし意味わからないところもあると思いますが読んでもらえたら嬉しいです! みなさんからのコメントがすごく嬉しいです! いつもありがとうございます!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る