無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

#8
しばらく星空を見上げて家に帰った。
まだ家族は帰ってなかった。
夕食を準備して待っていると数分でパパも姉も帰ってきた。
姉・母「ただいま」
吉田○○
おかえり!
姉「あれ、あなたどうしたん?」
そばに置かれている松葉杖に気づいたらしい。
吉田○○
これ、見て欲しい
病院で渡された手紙を見せながら話した。
吉田○○
前十字靭帯断裂らしくて手術したほうがいいって
母「あなたはどうしたい?」
吉田○○
あなたは…手術する
母「分かった。頑張ろうね」
吉田○○
うん
翌日手術同意書にサインして入院した。
入院中は暇すぎる。
Twitterを開いたらTHE RAMPAGEって調べていた。
ボーカルの吉野北人さんの声に似てる声を私は知っている。
だけど思い出せない。
だれだろ…
私はほくちゃんのファンになっていた。
ほくちゃんの声を聞いていたらなんでも頑張れる気がしてきた。
奏多
あなた!
吉田○○
奏多…どうしたの?
奏多
手術するんだってな…
うつむきぎみで話す奏多。
吉田○○
うん。あ、連絡するの忘れてた!前十字靭帯断裂だって笑
奏多
そっか…じゃあ総体は……
吉田○○
でるよ
side奏多
あなたの顔には少しの迷いもなかった。
今の俺にできることはあなたを応援することだけだ。
奏多
これ、メンバーとクラスメートから
色紙を書いてもらった。
みんな応援する言葉ばかり。
あなたは今まで弱音も吐かないで頑張ってきた。
どんな仕打ちだよ…
もっと頼って欲しい。
吉田○○
うわぁーありがとう!!もう絶対復帰してやるぞー!!
あなた、俺は知ってるよ。
復帰できるまで8ヶ月かかるんだろ…
あなたが知らないわけがない。
吉田○○
絶対2ヶ月でジョギングできるようになる!
奏多
ジョギング!?
吉田○○
え、うん。復帰まで8ヶ月かかるらしいよー
奏多
え、それでどーやってでるつもり?
吉田○○
走れれば勝てるって教えてもらったからジョギングできるように頑張るんだ!
奏多
無理するなよ!!
吉田○○
大丈夫だってー笑
奏多
今まであなたは朝早くから夜遅くまで人一倍努力して頑張ってきたからとめられなかった。
奏多
頑張れよ…放課後暇だし毎日来てやるよ
吉田○○
やったー!病院暇なんだよー
奏多
まぁ動けねーしな
吉田○○
うん!授業中LINE送ってあげる!
奏多
あほか!!
吉田○○
笑笑
奏多
笑笑
こんな状態でも笑えるなんてあなたはほんとに強いなって思った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょう
りょう
よろしくお願いします! ファンマ:🌈🐷👊🐺 LDHが大好きです!! 好きな人⏬ GENERATIONS片寄涼太 THE RAMPAGE吉野北人・川村壱馬・藤原樹・長谷川慎 FANTASTICS佐藤大樹・木村慧人・中島颯太 劇団EXILE佐藤寛太 ー作品ー 自分の存在:連載中◀️代表作 出会えてよかった~面接~:完結 出会えてよかった~メール~:完結 星空:完結 いつか…:完結 大切な人:連載中 最後の記憶の私、笑ってますか:連載中 亀更新だし意味わからないところもあると思いますが読んでもらえたら嬉しいです! みなさんからのコメントがすごく嬉しいです! いつもありがとうございます!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る