無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#4
吉田○○
まじ奏多とおったら一瞬やわ!ありがとう
奏多
ほーい
そう言いながら隣の家に入って行った。
奏多とは家が隣で幼なじみなのだ。
いちおけんけんしてみるけど必要なのか?って感じ。
まぁあおたんのひどいバージョンですね!
明日は学校の建った日で休みだ。
だから部活が午前中に入っているので普通に参加しよう。
いちお今日は様子見でけんけん生活。
右足しにそう。
さっさとみんなの分の夕飯を準備して早めに寝た。
朝は5時に起きてしまった。
まぁ念の為部活まで左足は封印しておこう。
またけんけん生活をして奏多にLINEする。
吉田○○
「奏多ー朝乗せてってー」
奏多
「え、行くん?」
吉田○○
「うん!」
奏多
「まぁ分かった」
奏多
「じゃあ7時半に外におって」
吉田○○
「りょーかいです!」
暇すぎる。
今はまだ6時すぎだ。
準備も終わったししょうがないからバスケのYouTube見てます。
腕だけでもハンドリングをしながら。
まぁ気づいたら7時すぎでした。
可能な限りの最大の早さで準備を終えて家を出た。
吉田○○
奏多ーおはよー
奏多
あ、あなたおはよ
吉田○○
じゃあ今日もお願いします!
また赤ちゃんみたいに乗せられて出発した。
吉田○○
バスケッバスケッたっのしっみだー
奏多
朝からテンション高いなー
吉田○○
アイラブバスケ♡私の彼氏はバスケ♡
奏多
あなたもてるのになんで彼氏作らへんの?
吉田○○
え、もてるわけないじゃん笑
奏多
いや、もててるよ?みんな勇気でないしなんかいつもそばに俺がいるし笑
吉田○○
ちょ、奏多邪魔じゃん!
奏多
そんなこと言うなって笑
またあっという間に学校に着いたから歩いて行こうとしたらなぜかおんぶされました。
吉田○○
え、なんかありがとう
奏多
いーってことよ!
吉田○○
なんか奏多の目線って面白いよねぇ
奏多
まぁあなたには一生できない経験だよねー
吉田○○
ひどい笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りょう
りょう
よろしくお願いします! ファンマ:🌈🐷👊🐺 LDHが大好きです!! 好きな人⏬ GENERATIONS片寄涼太 THE RAMPAGE吉野北人・川村壱馬・藤原樹・長谷川慎 FANTASTICS佐藤大樹・木村慧人・中島颯太 劇団EXILE佐藤寛太 ー作品ー 自分の存在:連載中◀️代表作 出会えてよかった~面接~:完結 出会えてよかった~メール~:完結 星空:完結 いつか…:完結 大切な人:連載中 最後の記憶の私、笑ってますか:連載中 亀更新だし意味わからないところもあると思いますが読んでもらえたら嬉しいです! みなさんからのコメントがすごく嬉しいです! いつもありがとうございます!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る