無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

115
2022/01/18

第459話

本気でするぞ?良いんだな? 緑橙
てつや「おいこらとしみつっ!!!お前俺に起こさせておいて何で起きねぇんだよ!!!起きろ!!!おーきーろーー!!!!」
ゆっさゆっさととしみつを揺さぶっても起きやしない
コイツはほんとに、自分で言うのもあれだが....寝過ぎやしないか??
一緒に泊まった日なんか最初に起きるのはだいたいてつやが先という....としみつは余裕で寝ていることが多々あり
としみつが先に起きることは滅多にない
目覚ましをかけようが二度寝をかます、それはてつやもだが.......てつやよりも眠りは深いから中々ちょっとのことで起きやしない
てつや「おーい、起きろ!!起きてとしちゃん!!!アフリカの女将が来るよぉ~~~ねぇ!!!」
よく分からないことをとしみつが寝ている横で騒ぎ立てるてつや
それでもとしみつは寝ている、くそこうなったら......
てつや「起きないととしみつにチューするぞ~~.......///良いんだな、ほっぺか口にチューするからなぁぁ........///」
としみつ『良いから早くやれよ、俺はそれを待ってんだよ......』
てつやが恥ずかしそうにポツポツ溢す中、としみつはうっすら目を開けててつやを確認する
てつやは最終手段に、としみつを困らせるためかチューを仕掛けてくる
でもそれをするまでが長い、最終的なとしみつを起こすとっておきの手段と言っても過言ではないくらい
てつや「マジでおれ、.....チューしちゃうからな?///」
としみつ『あーだから早くしろって!!!!』
焦らすんじゃねぇこの可愛いやつ!!!!と起きててつやを抱きしめたくなる衝動を必死に抑えて、てつやからのキスを辛抱強く待ったとしみつだが、てつやがキスをするまでそれから三十分以上かかり.....痺れを切らしたとしみつが起き上がって自分からてつやにキスするという展開になるとは.....なんてね