無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
66
2021/07/10

第4話

4話
うり
うり
俺!

私の地元には昔、M(仮名)という人物がいました。

家の裏のバラックで暮らしていたMは、子供の頃から札付きの悪でした。
しでかす事は子供の悪戯の域を超えています。
大人たちに言われるまでもなく、子供も皆がMを避けていました。年齢は私より2つ下でした。

Mはバラックで生まれ育ち、一度は家族と引越したのですが、父親が刑務所に入って生活が困窮したそうで、また戻って来たのです。

Mにとって盗みは日常で、ハシゴに登っている大工がいれば即座に取り払い、隠してしまいます。
犬を見れば蹴り飛ばす、なんの慈悲もないのです。
キャンキャンと鳴く犬の痛みなど、Mにとっては無関係なのです。Mの父親は度々、窃盗などで刑務所に入っては戻るの繰り返し。
姿が見えなくなると
「また別荘に行っているんだろう。」
と噂になります。
しばらく見ないと思ったら、仕舞には行方不明になったそうです。

母親はMを寺へあずけたり、中学生になると警察の道場に通わせ、人並みの子供にしようと手を尽くしていました。
近所の太鼓の同好会に入れたのも、なんとか地域の輪に入れようと努力をしたのだと思います。
Mがはみ出したことをすれば母親がその度に頭を下げてまわり、見るも哀れな様子で、更には生活も困窮しているようでした。

「あの子には反省というものがないんです。私が死ぬ時には必ずあの子も連れていきますから、どうか多目に見てやって下さい。」
それが母親の決まり文句でした。

中学2年の時、教師を刃物で刺したMは鑑別所に入りました。
周囲の人達は正直ホッとしました。
Mに会わないよう様子を見ながら外に出たり、とにかく出来るだけ関わらないよう、危害を加えられないように気を配っての生活でしたから無理もありません。

次にMを見かけた時には、すでに大人の顔をしていました。
年齢はまだ十代だったはずなのに、口髭のせいか大人にしか見えません。
母親はすっかり痩せ衰えてしまい、程なくして亡くなりました。

その頃のMは新聞や週刊誌にも名が載るほどの無法者で、母親の葬儀には警察と反社会の方が同じくらい集まったそうです。
母親の葬儀は物々しい雰囲気ではありましたが、この辺りでは見ないような立派なものでした。

それから四十九日が経った日、Mは橋から車ごと転落してあっけなく亡くなりました。
母親とは対照的に、Mの葬式は執り行う者も現れず、町内で軽い会葬をして寺へ引き渡す事となりました。
墓は母親と一緒に入れようと町内会長が言いましたが、珍しく寺の住職が反対しました。
結局、隣りに小さな石を置き墓として骨を埋めたそうです。

「もうSさん(Mの母親)を休ませてやらにゃ。あれは間違えてこの世に出てきた、誰にもどうにもならなかった。」
住職はそう語っていました。

住職はMの四十九日が過ぎるまで、毎日墓の前で経を唱えていました。
あまりにも熱心に供養していたため、私は住職にその理由を尋ねてみたのです。
するとこう答えてくれました。

「Mはもう2度と戻って来ないよう、わしがしっかり見送った。
先代の住職はMが鬼子だと、ずっと昔から預かって仏様の道を説いたり、なだめてみたりしていた。それを後は頼んだと私に託されたんだ。
輪廻って分かるかい?あの男は何度かこの地に生まれては悪行をして、皆が煙たがっていた。以前には村人がこっそり始末した時期もあったそうだ。
もう知る者もほとんど無いと思うが、寺では記録と口伝で特徴など伝えていたのだよ。まぁ詳しくは言えんがな。」

住職が言った事の真偽は分かりませんが、今でもニュース等で事件を見ると「鬼子」という言葉が頭を過ります。
のあ
のあ
私ですね!

私の地元には人気の飲食店がありまして、地域の人間なら必ず一度はそこで食べた事がある、というくらい有名な老舗でした。
仮に店名をAとしておきます。
Aは値段もお手頃ですし、何より美味しくてボリュームも満点。
ちょっと食事のメニューに困ったらそこへ外食に行けば大満足できる、そんな名店でした。

Aの軒先には、大きな人形が立っていました。
120cmくらいで洋食屋らしいシェフの格好をした人形で、開店と同時に設置した物らしく、所々の塗装が剥げたり変色して年季を感じます。
ですがお店のマスコットとしては十分に仕事を果たし、誰もが愛着を持って接していました。私が学生の頃、運動クラブの活動で帰りが遅くなってしまった日がありました。
すっかり日は沈み、辺りは街灯に照らされてなければもう真っ暗。
帰り道にはあの馴染みのA店があり、空腹の絶頂だった私はついお店の前で立ち止まり、店内を覗き込んでしまいます。
美味しそうに料理を頬張る客の姿は、見ているだけでお腹が鳴りそうです。
「くそ~!腹減ったな~。」
心でそう呟きながら、ふと人形へ視線を送った時でした。

人形の目が、ギョロリと動いたのです。
腕もググっと動き、まるで今から動き出してこちらへ向かってくるかのように思えました。

「うおっ!」
心臓が飛び出さんばかりに驚いた私は、恐怖から声にならない呻き声を上げて爆走し、全ての力を出し切って家まで駆けこみました。

「どうしたの、そんなに慌てて。」
私の様子を見た親は驚いていましたが、もう良い年頃の私が怯えながら
「Aの人形が動いた!」
なんて言ったら家族の笑い者です。
「いや、別に。夜飯何?」
平静を取り繕ってその場をやり過ごしました。

数日後、Aへ家族で外食に行く事となりました。
私はついでに人形を確かめようと、内心意気込みながら向かいます。
到着して店へ入る前、ジッと人形を睨みつけます。

人形は樹脂で成形した物で、可動部などありません。
目も色を塗ってそう認識させているだけなので、動きようもありません。
腕だってツルンとして継ぎ目も無く、そこだけが動く事は有り得ない構造となっています。
「俺の見間違いだったのか…」
その後、何度も人形を見ましたが、動いたのはこの一度きり。
私の見間違いだったと考えるしかありませんでした。

時が経ち、私は地元を離れて社会人生活を送っていました。
忙しいながらも正月は実家へ帰るようにしていて、久しぶりの家族団欒です。

「そういえば、Aが閉店したんだ。店主の親父さんが亡くなったってよ。」
その話を聞いて懐かしいと同時に悲しくなりましたが、私はあの出来事を思い出し、話題にしてみました。

「俺、Aの人形、動いたの見た事あるんだよね。」
それを聞いた家族は「またまた~」とか「んなことある訳ない」という予想通りのリアクションで、私も同調して終わりにしようと思ったのですが…
何故か父が、箸を持ったまま静止しています。
そして私に問いかけてきました。
「お前、それ本当か。」

私の父は、廃棄物処理の会社に勤めています。
地元の物はほとんど集まるので、当然A店の廃棄物も入って来たそうで、人形もあったそうです。
それをいつものように、プレス機で圧縮処理していると事件が起きたと言います。

「ギャーーー!!」

突然、現場に響き渡る叫び声に全員が真っ青になったそうです。
「まさか、誰か機械に巻き込まれたか?!」
急いで従業員に点呼を取るも、全員無事。
叫び声が聞こえたのはプレス機の方からという事で、緊急停止して中を見てみたそうです。

機械の中には、廃棄物に混ざって粉々になった、あの人形があったそうです。
「まさか…人形の叫び声?」「いやいや人形が声を出すなんて…」
誰もが信じられませんでしたが、そこにいた全員が叫び声を確かに聞いたのだとか。

「人形が声を上げるなんて、と思っていたが、お前の話を聞いたら何となく納得した。」
父はそう、言っていました。

不思議な事って、本当にあるのだと思った体験でした。
しゃぱぱ
しゃぱぱ
俺!


これは私がまだ幼い頃に起きた出来事で、不思議な体験だったため今でも忘れずに覚えている話です。

祖父が急に自宅で倒れて、そのまま帰らぬ人となってしまいました。
居酒屋を営んでいた祖父は家の1階を店舗として利用していたので、そこへ親戚一同が久しぶりに集まり、慌ただしく葬儀が進められます。

お葬式が終わる頃にはすっかり日も暮れた為、私の家族を含めた遠方の親戚は日帰りではなく、1泊することとなりました。
まだ幼かった私は葬式がよく分からず、ただ祖父の家に皆で泊まれてワイワイできるのがとても楽しかったと記憶しております。片付けも一段落がつき、さぁもう寝ようかと全員が一緒に床へ着いたそうです。
私は一足先に眠ってしまっていたのですが、夜中に
「ピンポーン」
と鳴り響いた音で、目を覚ましました。

祖父のお店のドアは、開けると「ピンポーン」と音が鳴る仕組みでした。
特徴的で聞き慣れた音ですから、親戚ならすぐにそれが人が入って来た入店音だと分かります。
私は眠りが深い方で、1度寝ると朝になって目覚まし時計が鳴り響いても起きない程ですが、その時だけはなぜかパッと目が覚めました。

寝ていた親戚全員が起きて
「誰だろう、こんな時間に…。」
とざわつき、叔父(祖父の息子)が先陣となって恐る恐るお店の方へ様子を見に行きました。

しかし、お店のシャッターは完全に下りた状態で鍵もかけられたまま。誰もいません。

親戚総出であちこち点検していましたが、やはり人が出入り出来る所や痕跡も無く、音が鳴るはずがありません。
ひょっとして隙間風かなんかか、地震などの揺れに反応して鳴ったのでは?という話になりましたが、祖母が言うには
「お店の入店音は、風なんかでは鳴らない。人が通らないと鳴らない。
地震が起きたって鳴らないし…そもそも誰か地震を感じた?ドアを揺らしたって鳴らないよ。」
と言って、お店のドアをガタガタさせていましたが、やはり音は鳴りません。
では何故音が鳴ったのか。誰にも分かりませんでした。

不可解な入店音はこの1度きりでしたが、なぜあの状況で音が出たのかは、未だに解明されていません。
空耳かもしれませんが、あの大勢居た親戚全員が音を聞いて目を覚まし、対応しています。
全員が同時に空耳だなんて、有り得るのでしょうか。
今でもお店はやっているので、その後も祖母にそのような出来事が起きなかったかと尋ねるのですが、やはり
「あの1回だけ。全くない。」
という答えが返ってきます。

幽霊の存在を信じてはいませんが、あの時だけは祖父が音を鳴らしたのでないかと、私は思っています。
幽霊って、やはりいるのでしょうか…。

ーーーーー
YOU
YOU
最後の99個め。、、、、
始めるね?

私の祖母の生まれ故郷は、本州から少し離れた離島で、そこで畜産や農業を営んでいたと言います。
主に牛や鶏といった家畜を飼っており、市場で売却して生計をたてていました。

私は祖母との会話が好きで、よく話をしていました。
その中でも印象的だったのが、なぜ祖母が鶏肉を嫌いになったのか、という理由でした。
家畜は自分の家で食べる事もあったらしく、下処理は自分達でやるのだそうです。
祖母が直接処理していた訳ではありませんが、その過程を目にしてしまう事がしばしばありました。ある日、小学生だった祖母が学校から帰ると家に誰もいません。
納屋で作業でもしているのかな、と思い覗いてみると、祖母の父親が鶏の血抜き作業をしていたそうです。

ぐったりしている鶏の首を切り落とし、逆さまに吊るして干す。
見慣れない祖母にとっては、生涯忘れられない光景だったと言います。
食卓にはその鶏と思われる肉が出るのですが、思い出すと箸が伸びず、大人になっても祖母から進んで鶏肉を口にすることはありませんでした。
祖母にとっては衝撃の体験でしたが、そもそも命を頂いて動物は生活しています。
それを強烈に自覚出来た事で、祖母は命や食事の大切さをよく、他者に力説していました。

そんな祖母は母性が強く、顔が広いだけでなく動物からも好かれるようで、常に何かしらの生き物を飼っていました。
「勝手に転がり込んでくるんだけど、見過ごす訳にはいかないからね。」
そう言って、熱心に動物の世話をしていました。
私もそんな祖母が大好きでしたが、一つだけ信じられない話を聞かされた事があります。

祖母がもうすぐ成人になろうかという頃、もう今から1世紀ほど前の事です。
牛舎では出産のため、父親と母親が付きっきりで母牛を見守っていたそうです。
そんな中、祖母や他の家族が家でくつろいでいると、父親が真っ青な顔で駆けつけて叫びました。

「…くだんが出た!」

急いで皆が牛舎へ向かうと、母親が腰を抜かしたのかへたり込んで、牛の居る方を凝視しています。
視線の先には、生まれたての子牛が居ました。
しかしその顔が、まるで人間のそれだったというのです。

牛舎は閉鎖され、出入り出来るのは父親のみ。
電話が無かったので電報を打ち、数日後にはどこの誰か分からない大人が大勢車でやって来て、牛舎で何やらやっていたそうです。
そして父親と話し込んだ後、嵐が過ぎ去ったように帰ったと言います。
後に牛舎を見てみると、くだんも母牛も居なくなっていました。

「もうこの土地は売り払い、別の場所で生活する。」
父親が言うには、引越しの費用や移転先の良い話を頂いた。
何も心配はいらない、新しくやり直すとの事です。
誰も反対するはずもなく、祖母達家族は生まれ故郷を出て、今の場所へ移ったのだそうです。

さらに驚く事に、くだんを見てから祖母には予知能力が付いた、というのです。

ですがそう言う割には、私が祖母に将来の事を聞くと適当にはぐらかされたり、全くかすりもしません。
嘘だと思いたかったのですが、稀に身形のきちんとした大人が数人、祖母の元を訪れていました。
そして何故か、祖母はお金持ちだったのです。

くだんといえば、必ず当たる予言を残す妖怪として知られています。
動物好きな祖母に、その能力が移った、とでもいうのでしょうか。
今では祖母や近縁の親戚も他界し、私の両親にも生前尋ねてみたのですが
「そんな話聞いた事もない。」
の一点張りでした。

信じられない話ですが、私にはあの祖母が嘘をついている、とも思えないのです。

ふぅー。《最後の、蝋燭を消す》
全員
全員
、、、
カタカタ
ガチャ
どぬく
どぬく
ヒッ
スススススー
どぬく
どぬく
あ"っ
バタっ
もふ
もふ
どぬくさん!!!!
スススススー
もふ
もふ
う"
あひゃひゃひゃひゃひゃ。
_YOU_
えっとえっと。、、。
あ!そうだ!
えっと
赤い蝋燭を、
真ん中に立てて、
のあ
のあ
何してるんですかっ
どっ
のあ
のあ
きゃっ
YOU
YOU
_YOU_
火をつけて、
よし。
これで電気をつける!
よし。
おっけい!